エクササイズは体だけを使うものだと思っていませんか? いえいえ、実は頭を使い、知識や知恵を活用してこそ効果的に結果を導きだすことが出来るのです。ただやみくもに体を動かした結果、筋肉痛や疲労感が抜けずに途中棄権とならないよう、エクササイズをする際に気をつけたいポイントをご紹介します。

どちらから始めるべき? 有酸素運動と無酸素運動

エクササイズのプランも大切
いかに早く効果を出すか? プランニングも重要です
バランスよく体を引き締めるには、筋肉トレーニングと有酸素運動を組み合わせたメニューが効果的です。しかし、どちらから始めればいいのでしょうか? 従来、筋肉をつけて引き締めるには、筋肉トレーニングの後、有酸素運動。痩せることを目的とした場合は、有酸素運動の後、筋肉トレーニングが一般的でしたが、ここ最近では筋肉トレーニングの後、有酸素運動が効果的と言われています。

なぜなら、筋力トレーニングを先に行うことで成長ホルモンが分泌され、脂肪組織から血中に放出されるエネルギー源となる脂肪が多く出るため、体脂肪が燃えやすい状態なるからです。筋肉トレーニングは主に糖質を消費するので、最初に糖質を使いきり、有酸素運動を始める頃に脂肪を使える状況を作っておけば、効率よく脂肪が燃やせるわけです。しかし、運動を長時間行うとエネルギー源の糖質が無くなって疲労が生じてしまうこともあります。筋肉が急に動かなくなったり急な疲労を感じる場合、糖質を含んだスポーツドリンク等を摂取するようにしてください。