本当
ペットのトイレに敷く敷材として、一番多くの種類が市販されているのが猫用のトイレ砂です。けれども、猫用のトイレ砂は、種類によっては小さなペットのトイレに使うのには適していません。

猫を飼ったことのある方はご存知かと思いますが、猫用のトイレ砂は大きく分けて、水洗トイレにも流せる紙製のものとトイレには流せない鉱物系のものに分けられます。

紙製のもののうち、水分を吸収し膨らむだけのものであれば、小さなペットにも問題なく使えます。けれども、水分を吸収したときに固まるものや鉱物系のものは小さなペットには薦められません。

猫はトイレをトイレ以外では使いませんが、小さなペットの中にはトイレを使う習性がないためにトイレ容器で遊んでしまったり、寝てしまったりする子がいます。特に、飼い始めたばかりの子はトイレを教えてもらうまでは何をする場所かわからないでしょうから、遊び場や寝場所として使ってしまうことが多くあると思います。

紙砂
いろんなタイプの砂で給水力と凝固力を試した結果、私はこの小動物用の紙の砂を使っています。
トイレ容器で遊んでいるときや寝ているときに、間違って水分を吸収して固まるタイプの猫用のトイレ砂が小さなペットの口や目に入ってしまうと、目や口の中で砂が固まり、くっついてしまうおそれがあります。また、おしっこするときに足を濡らしてしまったら足の裏にくっついてしまうおそれもあります。

猫と小さなペットたちとではトイレの習性に大きな違いがあるため(猫はやわらかい土や砂に排泄をし埋める習性を持っていますが、ほとんどすべての小さなペットはそういった習性は持っていません)、種類にはよりますが、猫用のトイレ砂は小さなペットに適しているとは言えません。

もし猫用に市販されているトイレ砂を使う場合は、水分を含んでも固まらないものを選んでください。そういうトイレ砂は水洗トイレに流して処分できるものがほとんどですので、ゴミ処理の面では便利だと思います(砂に書いてある処分方法を必ず確認してから、水洗トイレに流してくださいね)。


ペットに関する100のウソ・ホント

■ウサギについて
 ウサギに水は必要ないってホント?
 ウサギは寂しいと死んじゃうってホント?
 耳の大きなウサギは大きくなるってホント?
 ウサギは1年に10cm歯が伸びるってホント?

■ハムスターについて
 ハムスターに噛まれると死ぬってホント?
 ハムスターは水を飲まないってホント?
 ハムスターは1匹ずつ飼う方がいいの?

■フェレットについて
 たくさん洗うと臭くなるってホント?
 フェレットには予防注射が必要ってホント?

■チンチラについて
 チンチラはエアコンが絶対必要ってホント?

■シマリスについて
 シマリスの尻尾は抜けるってホント?

■鳥について
 ほうれんそうを鳥に与えてはいけないの?
 文鳥の日があるってホント?
 ベタ馴れだと子育てしないってホント?

■そのほかのペットについて
 ラスカルは凶暴だったってホント?

■ペット全般について
 蚊取り線香はペットによくないってホント?
 小さなペットに猫用の砂はダメってホント?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。