「うさぎは寂しいと死んじゃう」は嘘

うさぎは寂しいと死んじゃうのは嘘

うさぎは寂しいと死んじゃうのは嘘

ウサギ以外にも「寂しいと死んでしまう」といわれるペットはおりますが、寂しいだけが理由で死ぬことはありません。寂しさから活力を失い、食欲が落ち、病気になって死ぬことはあります。でも、寂しさだけが理由では死にません。

多くのペットが、飼い主家族やいっしょに飼われているペットたちとコミュニケーションをとりながら暮らしています。私たち人間も、ほかの人間と話をしたり、いっしょにごはんを食べたりして、コミュニケーションをとりながら暮らしています。

もし、いっさいのコミュニケーションがない状態で暮らしていたとしたら、精神的にまいってしまうでしょう。なぜならば、私たち人間もペットもコミュニケーションをしながら生きているからです。
 

うさぎに限らない!ペットを飼う際の注意点

うさぎは寂しいと死んじゃうのは嘘

うさぎは寂しいと死んじゃうのは嘘

飼い主家族から声をかけてもらえず、目もあわせてもらえない状態で飼われているペットは、コミュニケーション不足から飼い続けることに問題がある状態になってしまうことがあります。また、コミュニケーション不足からくるストレスなどから生きる活力を失い、食欲が落ちてしまうこともあります。

食欲が落ちてしまっても飼い主家族がペットを無視し続ければ、ペットは衰弱し、死んでしまうこともあるでしょう。そんな恐ろしいことが起きないように、返事をしてもらえなくても毎日ペットには声をかけ、ペットと過ごす時間を持つようにしてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。