耳の形によって違ううさぎの性格

うさぎは世界中に約150種類ほどいると言われています。私たちがペットとして馴染んでいるうさぎはそのごく一部、もとをたどれば「アナウサギ」を改良したものです。様々なうさぎの姿を、こちらのページで見てみてください!

参考:うさぎのしっぽ「うさぎ総合辞典」
垂れ耳のうさぎはどんな性格かな?

垂れ耳のうさぎはどんな性格かな?



立ち耳さん

a

お顔の模様が自慢だよ

私たちは「立ち耳さん」と呼んだりしますが、耳が立っている種類のうさぎのことです。ネザーランドドワーフ、ダッチ、ホト、レッキス、アンゴラ、ヒマラヤン、フレミッシュジャイアント……などなど、人懐っこい性格で、ヒトと仲良く暮らしてくれる種類はたくさんいます。

立ち耳さんは、野原で機敏に身を守って生きてきた血を濃く継いでいるせいか、繊細な性格を持ち合わせているようです。

ペットショップなどでよく目にする立ち耳さんは、ネザーランドドワーフ、レッキス、たまにホトやヒマラヤン、そして混血種たちでしょうか。

ペットショップの店頭にいるこれらのうさぎは、自分の宿命を知っているのか、大変懐っこい性格の子が多いようです。かわいい仕草をして、連れ帰って欲しい!家族にして!という気持ちをありありと表現します。きっとこういう子たちは、家族になっても、仲良く暮らしていけるのではないかと思います。

ひとつ、注意していただきたいのが、店頭に「ネザーランドドワーフ」と書かれていても、厳密に言うと純血種のネザーではない場合がありますので、お店の方によく聞いて、それを解った上で購入してください。


垂れ耳さん

b

耳に重りをつけて、きれいに垂れるようにするときもあるんだよ

ロップイヤーと呼ばれます。その中にも、フレンチロップ、アメリカンファジーロップ、イングリッシュロップ……など、毛がふわふわなものや、垂れた耳が床につくほど大きなものや、短毛のものなど、これまたいろいろな垂れ耳うさぎがいます。

ロップイヤーは一般的に、穏やかな性格と言われます。ホーランドロップなどは、人に飼われるために交配し作られた種だからかもしれません。垂れた耳のフォルムが愛らしいので人気がありますし、穏やかで、飼いやすいと思います。

生まれながらにモデル!? コンテストに出るうさぎさん

うさぎのコンテストというのがあり、種類別に、個体を競う場があります(ARBA)。純血種をブリーディングしているブリーダーさんのうさぎは、生まれながらにコンテストを理解しているのか、立ち方、表情、そして狭いキャリーにじっと入っていられたりと、あきらかに自分はコンテストに出るのよ!という自覚があることに驚かされます。我が家のうさぎだったらまず、審査台に放したらぽーんと降りてどこかへ跳んでいってしまうだろうと思うのですが、コンテストうさぎたちは、じっとしていて、自分がいちばん評価が高くなるよう意識しているようにも思えます。

コンテストで高い評価を得たうさぎのいい遺伝子をもったうさぎを、専門店で購入するという出会い方もあり、そういううさぎはほとんど、とてもおとなしく、気品高く、病気にも強く、性格も扱い易い子が多いようです。


個々に性格がある

しかし、最終的には、立ち耳さんでも、たれ耳さんでも、うさぎには個々の性格があり、かなり「個性」があるのです。

ネザーでもおっとりした子はいますし、ロップでも攻撃的な子もいます。生まれた環境、育った環境、そして人間との関わり方が、うさぎの性格に影響します。仮に攻撃的な性格うさぎでも、関わる人が誠意を持って対すれば、穏やかな性格に変わることもあります。

私のところのホテルでも、うさぎを見れば、飼い主さんの性格がわかるくらい、それぞれ家庭の影響を受けていると感じます。もし、ご自分のうさぎに手を焼いているとしたら、おおらかに接してみるなど、接し方を改めてみてください。うさぎは賢いので、理解します。お互いに楽しく暮らせるよう、飼い主さんがコントロールしてあげてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。