うさぎは鳴かない?

うさぎundefined鳴く

うさぎって鳴くの?

「うさぎって、鳴くの?」と、よく聞かれます。犬や猫が身近にいる方は、不思議に思うのでしょう。「……あれ、そういえば、うさぎの鳴き方って、どんなのだっけ?」と。改めて考えてみてください。犬はワンワン、猫はにゃあにゃあ、小鳥はピヨピヨ……さて、うさぎは?

答えは、うさぎは、鳴かないのです。もともと、声を出す声帯がありません。口から「声」を発しません。しかしうさぎは、「ぷーぷー」や、「ぶぅぶぅ」、「ぐぅぐぅ」などという音は発するのですが、これについては、後ほど記します。これを「声」と勘違いしたり、「鳴き声」と解釈したりする場合がありますが、あくまで「音」であって、「声」ではありません。

通常、動物が鳴く行為は、仲間同士の意思疎通や求愛、危険を知らせるためなどの役割をしています。では、鳴かないうさぎは、どうやって、仲間同士で意思疎通をしたり、危険を知らせたりしているのでしょうか。


声に代わる音「足ダン」

うさぎは、仲間に危険を知らせる手段として、足を地面に叩き付けるスタンピングをして、その振動と大きな音で、仲間に情報を伝えます。うさぎのその行為を、うさぎ好き仲間のあいだでは「足ダン」と呼んでいますが、この小さな体のどこからあんな大きな音が出るのかと驚くくらい、足ダンは威力があります。

「危険!敵がいる!」という足ダンは、草原の地面を伝わって、遠くの仲間に、天敵が来たことを知らせます。うさぎは声ではなく、足を踏み鳴らす音で、仲間に危険を知らせるのです。

私たちが飼っているペットのイエウサギは、天敵に遭遇することもないため、この足ダンの出番は無いように思いますが、いえいえどうして、よく耳にします。飼い主が大きな声でくしゃみや咳をした時などの、高くて強い音を聞いた時に「危険危険!」と、足ダンをすることがあります。私が統計的に気が付いたのは、低い大きな音にはあまり反応しないのに対し、高い大きな音には反応します。これはきっと、自然界での天敵の鳴き声などの周波数に酷似しているせいだと思います。


なぜ鳴かない?

では、うさぎはなぜ「鳴かない」のでしょうか。野生では、被捕食動物の底辺にいるうさぎ。あらゆる肉食動物のエサになってしまうのです。そのため、声を出そうものなら、すぐに敵に気づかれてしまいます。そのため、鳴き声をもたないのでは、と憶測できます。


ナキウサギ

岩場に住む、ナキウサギ

岩場に住む、ナキウサギ

しかし、うさぎの仲間のナキウサギは、キーッ、キーッと、鳴きます。山麓の岩場に住むため、仲間に危険を知らせるためには、鳴き声が必要だったのでしょう。草原に住むうさぎと違って、岩場では「足ダン」の効果が発揮されないですから、鳴き声が使えるようになったのでしょう。しかし、その鳴き声が命取りになることも。鳴き声で敵に見つかり、捕食されてしまうこともあるそうです(注:うさぎはウサギ目ウサギ科、ナキウサギはウサギ目ナキウサギ科)。


うさぎの鳴き声?4選

うさぎの発する音はどんなもの?

うさぎの発する音はどんなもの?

「でも、うちのうさぎは鳴くんです! あの声は、何?」と、言われることがあります。鳴き声ではないけれど、うさぎも不思議な音を出します。それが、咽頭付近から発せられるようなので、「声」と勘違いされるのでしょう。
  • 嬉しいとき、喉の奥で「ぐぅ、ぐぅ」
遊んでほしい時や、うれしいとき、楽しい時など、「ぐぅ、ぐぅ」と低い音が聞こえてくる時があります。たぶん、喉か鼻か、体内の奥のほうで、鳴っているような音です。近づかないと聞こえないような音ですが、すり寄ってくると、わかります。これは、遊んでほしい、一緒に遊ぼう、などの、友好的な表現です。

  • 怒った時の「ぶっ!」
自分の縄張りに入られた時や、メスうさぎが子育てで気が立っているときなど「ぶっ!」「ぶぅっ!」と言いながら怒って、時にパンチをしてくることがあります。時に運悪く、噛みつかれてしまうこともあります。こんな状態の時はどうか、縄張りに不用意に入らず、そっとしておいてあげてください。

  • 「プヒー、クヒー」などの、寝息
いびきをかくときもあります。これは、鼻が詰まっているか、咽頭系になにか障害があるせいで鳴るのですが、歳をとったうさぎによくみられる様子です。くーくーと言ったり、ぷーぷーと聞こえたり、グーグーだったり、スピースピーだったり。

私も、普段営んでいる、うさぎホテル内でお客様と会うとき、この音が聞こえてきて「何の音ですか?」と、お客様に訊ねられることがあります。見ると、熟睡しているうさぎが目に入ります。呼吸のリズムとともに、くぅーくぅー、スピースピーと聞こえるので、この音は、寝息または、いびきでしょう。

通常、健康なうさぎなら、この音はしないはずですが、音が鳴るということは、器官が狭くなっているなど、状態によっては、健康に影響する場合もあるので、このような音が聞こえたら、早めにうさぎに詳しい動物病院で診てもらいましょう。

  • 本当に苦しい時「キーッ!」と「鳴く」
私は実際に聞いたことはありませんが、うさぎが絶命するとき「キーッ!」と鳴く、と聞いたことがあります。声ではないので、咽頭付近の器官が変形して、そのような音が発せられるのでしょう。それほど苦しい状況なのだと思います。できればこの音は、聞きたくない音です。



以上、うさぎが発する鳴き声ならぬ「音」について書きました。鳴かないうさぎですが、鳴かないのには理由があるからなのです。うさぎの特性を知って、より理解を深めていただけたらと思います。

また、鳴かないからといって、集合住宅などで飼いやすいということでは決してないですので、うさぎについてよく理解してからお迎えするようにしてほしいです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。