うさぎの体温は人間より高い

a

おでかけは楽しいよ

暑い日のおでかけ。ひんやりした保冷剤などあると、気持ちのいいものです。うさぎとのおでかけに、利用している方も多いと思います。

しかし、保冷剤や、涼感グッズを、人間の感覚でうさぎに使わないで欲しいのです。

うさぎの体温は約39℃と、人の体温より高いです。人が「冷たい」「心地よい」と思う温度は、うさぎにとっては「冷たい」のです。また、体のつくりも違うことから、一概に人の感覚でうさぎを冷やすのは危険です。

うさぎは、汗をかけません。耳で、体温調節をしています。暑い時は、耳の温度が高く、色も赤みを増しています。また、水分をおしっことして出すことも、体温調節になります。

キャリーバッグに保冷剤、気をつけて!

c

本文と僕は関係ありませんじょ

先日、お客様からうさぎをお預かりした時、文字通り「ヒヤッ!」としたことがありました。

キャリーバッグに入り、連れて来られたうさぎを、お客様から受け取り、車に乗せ、ホームに戻ろうとする途中……何気なくうさぎを撫でると、お腹がとても冷たいのです。

驚いて停車し、よく見ると、キャリーバッグの外ポケットに入っていた冷たい保冷剤が、厚地の布を通して、うさぎのお腹を冷やしてしまっていたのです!

まさか、こんなに冷えてしまうとは!飼い主さんは、良かれと思って保冷剤をキャリーバッグのポケットに入れたのですが、実際私は、そのお腹の冷たさをまだ覚えているほどです。

あわてて取り除き、お腹を手で温めてやりました。幸い、うさぎはその後も何ともなかったのですが、うさぎは痛みや辛さを我慢してしまう動物なので、こんなこともあると、ぜひ人間に気づいて欲しいのです。

キャリーバックに保冷剤を入れることを、私はあまりおすすめしません。ペットボトルを凍らせて使う方もいますが、狭いキャリーバッグの中では、うさぎは自由に動けないので、心地悪くても、自分で移動して調節できず、気の毒です。

底板の下に、板状の保冷剤を入れていたシーンにも遭遇しましたが、冷えすぎることがあるので、注意です。

理想的なおでかけ方法は?