オオハナインコのようにオスとメスで羽の色が違う種類は、誰が見てもオスとメスを見分けることができます。でも、ほとんどすべての鳥類はぱっと見ただけではオスかメスか判断できないことが多く、中には血液検査をしなければ判断できないぐらいにオスとメスとで外見的な差がない種類もいます。

オスでもメスでもかまわない。そう思っている飼い主さんがほとんどでしょう。でも、そう言いながらも名前をつけるときに悩んでしまう方は少なくないようです。今回は、ペットとして人気の高いセキセイインコと文鳥について、初めて飼う人でもオスかメスか見分けることができるポイント(雌雄判別法)を紹介します。

セキセイインコの雌雄判別法

セキセイインコのろう膜
セキセイインコはくちばしの上にある「ろう膜」で雌雄判別します(この画像は、わかりやすくするために色合いを加工しています)。
セキセイインコの場合は、くちばしの上にある「ろう膜(まく)」と呼ばれる部分の色でオスかメスかを判断することができます。ろう膜の色がオスは青色またはピンク色で、メスは茶色か白色です。ろう膜の色は、やや育った状態の雛のときからオスメスで違いますので、ペットショップで購入するときにオスかメスか判断できることも多いです。

でも、羽が生えそろう前の雛の場合には、ろう膜の色がまだ出てきていませんので、違うポイントで判断します。ろう膜のところに、セキセイインコの鼻の穴が2つあります。この鼻の穴のまわりの色でオスかメスかを判断します。鼻の穴のまわりが白いのがオスです。

セキセイインコのヒナの場合
雛の場合には、鼻の穴のまわりの色合いで雌雄判別することができます。
一般的にもよく言われているのが、おしゃべり上手かどうかでの雌雄判別です。オスの方がおしゃべりな子が多く、「言葉や歌を教えたいならばオスを飼う方がいい」と言われることも多いです。ですが、おしゃべりに関しては個体差があります。オスでもおしゃべりが不得手な子もいますし、メスでおしゃべり好きな子もいます。おしゃべり上手な子に育てたいならば、飼い主がたくさん話しかけ、鳥さんにとっても飼い主にとってもいっしょに楽しく過ごす時間を多く作ることが大切なようです。

-> 文鳥の雌雄判別法