蚊取り線香はペット(猫や犬、インコ)に有害?

あまり考えないことかもしれませんが、あなたが使っている蚊取り線香がペットに悪影響を与えているかもしれません

あまり考えないことかもしれませんが、あなたが使っている蚊取り線香がペットに悪影響を与えているかもしれません

蚊取り線香や液体の蚊取り製品、防虫スプレーなどに含まれる成分には、多く摂取するとペットや私たち人間に悪影響を及ぼすものがあります。たとえば、蚊取り線香にはピレストロイドと呼ばれる、蚊をやっつける合成化合物が含まれています。あまり知られていないようですが、このピレストロイドにより、蚊取り線香の煙を吸うだけでアレルギー反応を起こす人もいます。

私たちがアレルギー反応を起こすこともある成分を含む蚊取り線香は、ペットに安全な商品と言えるでしょうか?


使い方に注意! 蚊取り線香の種類やペットによっても影響に違いが

答えは、「使い方しだい」です。ペットのケージの真横で蚊取り線香をたいたならば、ペットは思いっきり煙を吸い込むでしょうから悪影響が出るおそれがあります。けれども、広い部屋や部屋の間仕切りをはずした状態で、ペットのケージから一番遠い場所で蚊取り線香をたいたならば、ペットが煙を吸い込む可能性は低いでしょう。また、寝るときにペットのいない寝室のドアを閉めて蚊取り線香をたいたならば、ペットへの影響はほとんどないでしょう。

天然のピレトリンを100%含む蚊取り線香であれば、ペットや私たちへの影響はないとされていますので、蚊取り線香の種類によってもペットに安全かどうかは変わってきます

天然のピレトリンとは、植物の除虫菊に含まれる成分で、蚊や昆虫、爬虫類には影響を与えますが、哺乳類と鳥類には安全な虫除け成分です(昆虫のペットにはピレトリン100%の蚊取り線香でも影響は強くあると思われますので、昆虫の場合は、製品を問わず蚊取り線香は影響を与えると考える方がいいでしょう)。

ほかの防虫製品についても、ハーブなどの植物成分や天然成分でできている商品を使う方がペットには安全といえます。特に、スプレー製品は予想外に椅子や壁などにスプレーが行き届いてしまい、そこにスプレーの成分が残ってしまうこともありますので、ペットに安全な製品を選ぶ必要がありますし、スプレーする場所(部屋)も選ぶ必要があります。


蚊取り線香などの防虫製品には、蚊やハエを寄せ付けないようにするのではなく、殺すための成分がメインになっている製品が多くあります。でも、殺さなくてもいいのではないかと私は思います。蚊やハエだって、私たちやペットと同じように生きている生き物です。ただ室内に入って来たという理由だけで殺してしまうよりも、室内に入らないように、虫除けを目的として天然成分でできた防虫製品を使うことをぜひ考えてみてください。防虫製品の選び方を変えるだけで、環境やほかの生き物に対するあなたの優しさはワンランクアップします。




ペットに関する100のウソ・ホント

■ウサギについて
ウサギに水は必要ないってホント?
ウサギは寂しいと死んじゃうってホント?
耳の大きなウサギは大きくなるってホント?
ウサギは1年に10cm歯が伸びるってホント?

■ハムスターについて
ハムスターに噛まれると死ぬってホント?
ハムスターは水を飲まないってホント?
ハムスターは1匹ずつ飼う方がいいの?

■フェレットについて
たくさん洗うと臭くなるってホント?
フェレットには予防注射が必要ってホント?

■チンチラについて
チンチラはエアコンが絶対必要ってホント?
■シマリスについて
シマリスの尻尾は抜けるってホント?

■鳥について
ほうれんそうを鳥に与えてはいけないの?
文鳥の日があるってホント?
ベタ馴れだと子育てしないってホント?

■そのほかのペットについて
ラスカルは凶暴だったってホント?

■ペット全般について
蚊取り線香はペットによくないってホント?
小さなペットに猫用の砂はダメってホント?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。