オカメインコ
雛の間は十分な注意をして飼いましょう。
ある動物病院によると、死亡症例の大部分が1歳未満の幼鳥だというオカメインコ。そうかと思えば、25年も飼い主と一緒に暮らしているオカメインコもいます。そして「簡単」ではないが、注意すべきポイントを理解すれば、オカメインコとは長いお付き合いができるのではないでしょうか?

幼鳥が弱いと言われる理由

どんな鳥でも雛は弱いところが多いはず。でも、オカメインコはその中でも弱いと言われています。その大きな理由は、彼らが環境の変化によるストレスを大きく受けることにあるようです。

私達は何も疑問に思わずにペットショップから鳥さんを購入しますが、鳥さんにとっては飼い主さんちに行くまでに長い道のりを経ています。まずは産まれた場所(ブリーダー)からペットショップ、または問屋さんまでの輸送。ここで初めて、知らない場所に持って来られた彼らは、新しい環境に戸惑い、ストレスを受けます。

ペットショップにもよりますが、オカメインコのように人気のある鳥の雛というのは、ペットショップで過ごすのは数日~数週間。新しい環境から受けたストレスが消えたか消えないかのうちに、飼い主さんの元に行くことになります。そしてまた、新たな環境に戸惑い、ストレスを受けるのです。

オカメインコは環境の変化に弱い

鳥かごにあるおもちゃが無くなっただけでもストレスを受けるほどに、オカメインコは環境の変化からストレスを受けます。それだけに安心できる居場所を作ってあげる必要があるのですが、初めて家に迎えたときには、すでにペットショップ、あなたの家と2回(場合によってはもっと多いこともあります)環境が変わっているので、ストレスを受けている状態。体調も崩しやすくなっているのです。

オカメインコ
オカメインコを迎えた最初の数日間は注意が必要です。あなたの家に馴れ、落ち付くまでは次の点はチェックしておきましょう。
ごはんをちゃんと食べれられる(食べさせられる)か、温度は適温か(暑過ぎたり寒過ぎたりしていないか)、下痢はしていないか、そして、何か気になることがあったならば、すぐに連絡を取れるよう、オカメインコを迎える前に動物病院は探しておきましょう。あなたが早期に病気のサインに気がつくことができても、診てもらえる動物病院を見つけていなければ、病院を探しているあいだに病気が悪化してしまう可能性があります。動物病院探しは大変な仕事ですが、ペットのために、迎える前に探すようにしましょう。

雛選びも重要です

オカメインコ
雛は時間をかけて選びましょう。
元気にごはんを食べている雛と全然食べない雛、どちらがより健康だと思いますか?当然でしょうが、ごはんを食べている雛です。タイミング良くごはんの時間にペットショップに行かれるとは限りませんので、雛のごはんの食べ具合については、ペットショップの人に聞く場合が多いと思います。でも、できたらごはんを食べるところを見せてもらいましょう。

回数はペットショップによると思うのですが、毎日、何回かペットショップの方は雛に挿し餌を行うはずです。何時頃行うか聞いて、その頃出直すなどして、是非とも食べ具合は自分で確認しましょう。特に初めて雛から飼うという方は、挿し餌のやり方も教わっておくといいので、見せてもらってください。

雛のごはん

人間の子供が育つために栄養を必要とするように、雛も育つために栄養が必要です。市販されている粟玉を与えるときに、ちょっとだけ工夫をしてみましょう。

オカメインコ
こんなキレイな子もいます。
  1. お湯は捨てない
    雛のごはんを作るときに粟玉にお湯を加えて溶くのですが、このときのお湯は捨てないでください。粟玉は、卵でコーティングされていますので、お湯を捨ててしまうと、お湯に溶けた卵が流れてしまいます。それではせっかくの栄養を捨てるようなもの。お湯は捨てずに、冷めるのを待って与えましょう。

  2. 動物性たんぱく質を添加する
    野生のインコ・オウム類は、大人になる過程で昆虫を食べることがあります。これは、成長過程で動物性たんぱく質を身体が必要としているからです。毎日のごはんに、ゆで卵の黄身を混ぜるなどして、動物性たんぱく質をしっかりと摂れるようにしてあげましょう。
-->>次のページは病気の早期発見ポイントについてです。