都会でリゾート気分? 新感覚のバンコクステイ

シェラトン・グランデ・スクンビット
1996年にオープンしたシェラトン・グランデ・スクンビット。全420室を誇り、日本人スタッフも駐在している(C)Sheraton Grande Sukhumvit

シェラトンの客室
タイシルクや高級木材を使い、洗練されたエレガントな空間を演出
バンコクでの楽しみといえば、やはりカオスな街歩き。とはいえ年間の平均気温が29度のバンコク。毎日朝から晩まで歩き回れば、さすがにグッタリ……。そんなときに使いこなしたいのが滞在ホテル。立地が良ければショッピングの戦利品を置きに戻ったり、一休みするにも便利です。

なかでも利便性や雰囲気で群を抜くのは、Sheraton Grande Sukhumvit(シェラトン・グランデ・スクンビット)。スクンビッド通り沿い、BTSアソーク駅の目の前という抜群の立地にありながら、都会の喧噪とは無縁の穏やかな時間が流れる世界の一流ホテル。ジャングル風のデザインで自然の中にいると錯覚するプール、多彩なメニューを揃えるスパ施設などリゾート感を高める施設が充実。バンコクにいながらにして、リゾート気分も味わえる……なんてちょっと贅沢だと思いませんか?


大人気! 星空の下のバーベキュー

シェラトンのバーベキュー
目移りするほど多種多様な食材が並ぶ。品名が書かれた札を見ながら選ぼう

シェラトンのバーベキュー
テーブルの番号を伝えるので、焼きあがったら持ってきてくれる
もちろん食事も、リゾート気分を盛り上げる大切な要素です。プール脇のレストラン、The Sala(サラ)で毎晩7時からやっているバーベキューは、850バーツで食べ放題。肉やソーセージ、ロブスターやサーモンなど新鮮な魚介類が氷のお皿にドーンと乗せられています。好みの食材を選ぶと、シェフがいい具合に焼きあげてくれるシステム。星空の下、香ばしい匂いの漂う空間で美味を堪能していれば、自然と話も弾み、時間を経つのもわすれてしまうはず。サラダやデザートなどサイドディッシュも充実しています。

Basil
風雅なタイレストラン「basil」(バジル)
バーベキューは雨季(6~10月)はお休みですが、ホテル内には他にも、タイ料理(basil)やイタリアン(Rossini’s)など計6つのレストランやバーを備えています。ディナーのあとには、2階のTHE Living Room(リビングルーム)で毎晩流れるジャズの生演奏に酔いしれたり、地下のクラブ・BarSu(バース)で飲み明かしたり。一日くらいのんびりホテルで過ごしてみるのも悪くないかもしれませんね。

■Sheraton Grande Sukhumvit 次のページでは、あまり人に教えたくない秘密の隠れ家をご紹介!