世界一ワッフル好きなベルギーの人々 

グランプラス

ブリュッセルのグランプラス界隈にはワッフル屋さんが多数。ワッフル片手にお散歩も楽しい

いまや日本でもおなじみですが、それでも本場で食べることをおすすめしたいのが、ベルギーワッフル。味はもちろん、旅に欠かせない感もいいんです。

ベルギーでは、「さあ、ワッフルを食べに行こう!」なんて意気込みはまったく不要。街に着けばさっそく駅の売店でワッフルが売られているし、街に出れば街のそこかしこにワッフルスタンドがあって、買うには事欠きません。むしろ、そこかしこから漂う甘い匂いにつられて、ついつい買ってしまうことも多いはず。ちなみにワッフルはフランス語でゴーフル(Gaufre)といいます。 


 

どちらがお好み? 2種類のベルギーワッフル 

ブリュッセルワッフル

ブリュッセルワッフル(La gaufre de Bruxelles) (C)DANDOY

リエージュワッフル

リエージュワッフル(La gaufre de Liege) (C)DANDOY

日本では、「ベルギーワッフル」とひとまとめにして呼ばれることも多いですが、実はベルギーワッフルには2種類あるって知ってますか?

まず、1つめがブリュッセルワッフル。大きめの長方形で、食感はサクサク。ふわふわしていて軽いので、がんばれば2つくらいは食べられるかも。生地の甘さが控えめなので、トッピングで甘さをプラスします。粉砂糖やシロップでシンプルに食べるのもいいし、生クリームやアイスクリームなどでボリュームたっぷりに仕上げるのも人気。ベルジアンチョコレートの産地らしく、チョコレートソースをたっぷりかけるのもいいですね。

もうひとつはリエージュワッフル。こちらは日本でもよく見かける丸いタイプ。ただ、日本のものより大きめの楕円形です。しっかりした生地で歯ごたえがあり、ブリュッセルワッフルより小さいものの、食べごたえアリ。パールシュガーという粒の大きな砂糖が入っているので、そのまま食べるのにも充分な甘さです。 

ブリュッセル、リエージュとそれぞれ発祥の街の名を冠していますが、ベルギー中で食べられます。街のスタンドではリエージュワッフルが主流。ブリュッセルワッフルを食べるなら、カフェやレストランでゆっくりと。ナイフとフォークを使うので食べやすく、思う存分トッピングも楽しめます。


 

ブリュッセルのベストワッフル屋さん、DANDOY 

DANDOY

DANDOYの店舗は小便小僧のすぐ横

ブリュッセルでワッフルを食べるなら、DANDOY(ダンドワ)がおすすめ。小便小僧のすぐ横にも店舗があり、ガイドブックに載っている有名店ですが、味は確か。2011年3月には、フランスの『マダム・フィガロ』誌でブリュッセルのベストワッフル屋さんに選ばれています。 

1829年創業の老舗で、ブリュッセルの中心地には本店と支店の2店舗がありますが、支店の2階だけにあるティーサロンは、それほど混んでいない穴場。広く落ち着いた店内で、優雅なティータイムが楽しめます。トッピング次第ですが、ワッフルは5ユーロ前後です。

1階ではテイクアウト用のワッフル(3ユーロ)を焼いているので、店内の立席テーブルや外で食べることもできます。もともとはスペキュロス(シナモンなどのスパイスの入ったビスケット)が有名なお店なので、店内にはビスケットも豊富にそろっていて、おみやげにもぴったりです。

※2011年6月現在 1ユーロ=約115円

<DATA>
DANDOY(ダンドワ)
住所:14, rue Charles Buls B-1000 Brussels, Belgium
アクセス:小便小僧のすぐ横
TEL:+32 2 512-6588
営業時間:9:30~18:30(季節によって30分ほど変動あり)
予算:8ユーロ程度

 
トップに戻る>>>本場で食べたい世界のスイーツ ベスト10

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。