運河の街の屋根のない美術館 ブルージュ(ブルッヘ)

愛の泉公園

もともとは港としてブルージュを支えていた愛の泉公園。右が16世紀に立てられた水門の家で、左にわずかに見えるのがノートルダム教会

「水の都」「北のヴェネツィア」「屋根のない美術館」等々、数々の異名をとるベルギーの古都ブルージュ。今回は中世ヨーロッパのかわいらしい街並みが堪能できる世界遺産「ブルージュ歴史地区」を紹介する。

実は、「ブルージュ歴史地区」の中にはさらにふたつの世界遺産「フランドル地方のベギン会修道院」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」の一部がある。3つの世界遺産を一気に楽しむ旅はいかが?

いまも残る中世そのままの街並み

マルクト広場と鐘楼

マルクト広場と鐘楼。右にそびえる鐘楼は別の世界遺産「ベルギーとフランスの鐘楼群」にも選ばれている

まっ青な空を映した空より深い青。深い青に染まった愛の泉では、その名のとおりまっ白な白鳥が求愛のダンスを踊っている。

マルクト広場の家並み

フランドル地方の典型的な街並みを見せるマルクト広場の家並み

水と戯れる姿がとても気持ちよさそうだったので、自分も運河に下りて船で街を巡ってみる。家々を見上げれば、オレンジ色にとがった切妻屋根、階段状のかわいらしい破風、レンガ造りの白壁が、空の青にとてもよく映えている。

街で目立つのは美術館に博物館、教会に、それからいたるところにあるチョコレート屋さん。何より自由を愛した中世ブルージュの人々。「自由」からしか生まれない「文化」にはどこの街の人々よりも敏感で、それゆえファン・エイクやメムリンクといった芸術家たちを輩出し、おいしいチョコレート屋さんを育んだ。

運河が張り巡らされたこの水の都は、誰がいったか「北のヴェネツィア」、あるいは中世そのままの街並みから「屋根のない美術館」と呼ばれている。