モンサンミッシェルと大天使ミカエルの降臨

サイドから見たモンサンミッシェル

サイドから見たモンサンミッシェル。干潮時、干潟からしか見れない光景だ

大天使ミカエル像

大天使ミカエルの像

不思議な場所、奇妙な地形、他に類を見ない絶景……こうした土地は世界中で聖地として崇められてきた。海と空を結び、潮に洗われるこの美しい孤島も、やはり世界の不思議を物語る奇跡の島として聖地化された。

まだキリスト教がこの地に来る以前、ケルト人たちはこの島を聖地して敬い、墓の山(モン・トンプ)と呼んで奉った。

この島がモンサンミッシェルとして有名になるのは8世紀からだ。708年のある夜、モンサンミッシェル近郊にあるアヴランシュの街の司教オベールは、夢の中で大天使ミカエルにこう告げられる。「この岩山に私を祀る聖堂を建てなさい」。

 

修道院を見上げる

島の街並みから修道院を見上げる

オベール司教は最初それを信じようとしなかったが、ミカエルは三度も夢に現れて、三度目にはオベールの額に指をかざして稲妻を走らせる。翌朝オベールが頭をさすって調べてみると、なんとそこに穴が開いているではないか。

オベールはその穴を天使による奇跡の証であることを確信し、ついに聖堂の建築を開始する。聖ミカエルの山=モンサンミッシェルのはじまりだ。現在アヴランシュのサン・ヴェルジェ教会に保管されているオベールの頭蓋骨には穿たれた穴がハッキリ残っているという。

 

巡礼地モンサンミッシェルとラ・メール・プーラール

ラ・メール・プーラール

ラ・メール・プーラール。オムレツといっても日本のものとはずいぶん違う。オムレツは前菜なので、ぜひプリ・フィックスのコースを楽しんでみよう

モンサンミッシェルから眺めた景色

モンサンミッシェルから眺めた景色。右の建物がラ・メルヴェイユ

大天使ミカエルはたびたびモンサンミッシェルに降り立ったようで、その伝説が広まると、10世紀には修道院も建てられてキリスト教の巡礼地としてにぎわうようになる。

しかし、モンサンミッシェルは当時気軽に訪ねられるような土地ではなかった。干満の差は15m以上。干潮の際、海は10~20kmの彼方まで引いていき、そこから一気に戻りはじめ、6時間後には川さえさかのぼって満ちていく。潮の流れに多くの巡礼者がさらわれたことから、「モンサンミッシェルに渡る前には遺書を書け」と伝えられるようになったという。

 

ラ・メール・プーラールの釜

ラ・メール・プーラールでは、オムレツは当時と同じ釜・手法で作られる

モンサンミッシェルの島内にはいまも営業を続ける伝説的なホテルが残っている。1888年、ヴィクトールとアネットのプーラール夫妻はモンサンミッシェルに小さなかわいらしい宿を立ち上げる。宿には体を濡らし、ブルブル震えながら島に渡ってくる巡礼者が絶えなかったという。

疲れ果て凍え切った巡礼者を癒やそうと、夫妻は暖炉の火を絶やさず、人々が到着するとすぐにひと皿の温かいオムレツを出したという。ホテル、ラ・メール・プーラール。ここではいまだに当時の方法でオムレツを作り、宿を提供している。

 

【関連サイト】 <INDEX>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。