「今まで行った国で一番美味しかった国は?」――仕事柄、この質問を受けることがとても多いのですが、いつも答えに悩みます。同じ国でも美味しいレストランもあれば、イマイチな店もあるし、料理の味は人の嗜好によるところも大きい。それでも全体としてレベルが高く、多くの人の味覚を満足させると国となると、やはり定番のフランス・イタリア・ベルギー、そしてアジアの国々などに落ち着いてしまいます。

そこで今回は、上記のような定番を外した“意外に!? 美味しい国”の私的ランキングをご紹介。あんまり期待していなかったのに食べてビックリ! 実はそんな国も多いですよね。

それでは早速、第5位の発表です。

第5位:フィンランド

キャセロール
シーフードたっぷりのキャセロール(鍋)。体もじわりと温まる

かもめ食堂
映画『かもめ食堂』の舞台もフィンランド
2005年、フランスのシラク前大統領が「イギリス料理は、フィンランド料理の次にまずい」と発言して物議をかもしたことがありました。かつては美味しくないという声も多かったイギリス料理(もちろん実際には美味しいものもありますよ!)よりもまずいと言われてしまったフィンランド料理。いったいどれほどまずいのか? 当時のニュースを聞いて多くの人がそんな興味を持ったようです。

そんな先入観もあって、フィンランドの食にはあまり期待していませんでした。ところが実際に行ってみると、アレ? 意外に美味しい……。

たしかに繊細なソースを多用するフランス料理などに比べると派手さはありません。しかし、豊かな森と湖は上質の素材を育んでくれます。料理は基本的にシンプルですが、決して大味ではなく、味付けや盛り付けにはさりげないセンスが光っていました。シーフードはもちろん、トナカイやザリガニなどのユニークな食材の調理もお手のもの。ベリーが豊富に採れることでも知られ、肉料理にベリーのソースを添えるのも定番です。

ちなみに冒頭の「フィンランドはまずい」発言については、翌年ヘルシンキで開かれたアセム・サミットで披露した渾身のフィンランド料理で、無事に汚名返上となったようです。

次のページは、第4位。インカ帝国の遺跡で有名な国といえば?