シカゴはアメリカでも指折りのグルメシティ!

©Siena Tavern

食のレベルが高いシカゴ ©Siena Tavern

シカゴはグルメの街として有名。アメリカでも数少ないミシュランガイドが発行されている街で、三つ星レストランもあります。また、料理界のアカデミー賞ともいわれるジェームス・ビアード賞の授賞式の会場も2015年にニューヨークからシカゴに移され、2027年まで毎年シカゴで開催予定です。

アメリカの流通の要所であることから上質な肉が集まり、「肉といえばシカゴ」といわれ人気のステーキレストランも目白押し。一方でシカゴピザのようなカジュアルなグルメも魅力的です。この記事ではシカゴを訪れたら、ぜひ訪れたいおすすめのレストラン6軒をご紹介します。
 
  1. 名物シカゴピザの名店「Lou Malnati's Pizzeria (ル マルナーティ)」
  2. シカゴステーキに舌鼓「RPM Steak(アールピーエムステーキ)」
  3. フードホール「Chicago French Market(シカゴフレンチマーケット)」
  4. ブランチにおすすめ!「Siena Tavern (シエナタバーン)」
  5. 音楽+食事「Tortoise Supper Club(トータスサパークラブ)」
  6. BBQ&ビール!「Harry Caray's Tavern(ハリー・キャレイズ・タバーン」
 

名物シカゴピザの名店「Lou Malnati's Pizzeria(ル マルナーティ ピッツェリア)」

Lou Malnati's Pizzeria

シカゴ名物、ディープディッシュピザ©Lou Malnati's Pizzeria

最近日本でも注目を集めつつあるシカゴピザ。一般的なピザのように薄いものではなく、深皿に入って出てくるため、ディープディッシュピザ(深皿ピザ)といわれます。分厚い生地はまるでキッシュのようで、フォークとナイフを使って食べるのも新鮮。具だくさんで、チーズがとろ~りとのびる様子は写真映えもバッチリ! 焼きあがるのに30分ほどがかかりますが、一度は食べたいシカゴ名物です。
Lou Malnati's Pizzeria ゴールドコースト店の店内

Lou Malnati's Pizzeriaゴールドコースト店の店内

1971年創業の「Lou Malnati's Pizzeria」はシカゴピザの人気店。カリカリの生地が軽やかで、ボリュームはあるものの、ペロリと完食してしまいます。チェーン展開しており、市内に56店舗あります。

■Lou Malnati's Pizzeria - Gold Coast
住所:1120 North State Street(at State & Rush) Chicago, IL 60610(アクセス
電話:(312) 725-7777
営業:月~木11:00~24:00、金・土11:00~翌1:00、日11:00~24:00
※ほかにも市内に店舗多数
 

シカゴステーキに舌鼓「RPM Steak(アールピーエムステーキ)」

RPM steak

部位や焼き加減もお好みで

食肉の流通の中心地であるシカゴにはおいしい肉が集まってくるため、市内にはステーキハウスがたくさん。なかでも「RPM Steak」は平日でも満員御礼の人気店。エイジングビーフやラムチョップをはじめ、メニューには自慢の肉がズラリ。北海道のスノービーフや神戸牛もあります。
©RPM steak

大人な雰囲気の店内 ©RPM steak

少し照明を落とした店内はムーディな雰囲気を漂わせつつも、にぎやかな活気に満ちています。緊張感なくおいしいものを食べられるのは、シカゴの食シーンの魅力のひとつといえます。

■RPM Steak
住所:66 W KINZIE ST Chicago, IL 60610(アクセス
電話:(312) 284-4990
営業:月~金11:00|24:00、土日16:00~24:00
 

人気のフードホール「Chicago French Market(シカゴフレンチマーケット)」

©Chicago French Market

何にするか選ぶのも楽しい ©Chicago French Market

フードホールは、いろいろな屋台が集まったフードコートのような場所。ここ数年シカゴでは増えています。 ファストフード感覚でカジュアルに食べられるので、旅行者はもちろん、近隣のビジネスパーソンのランチなどにも重宝されています。
ハッピーロブスターのロブスターロール

ハッピーロブスターのロブスターロール

ダウンタウンにある「シカゴフレンチマーケット」は、フレンチと名こそついていますが世界中の味を楽しめます。寿司・韓国料理・飲茶・ベトナムのフォー、アルゼンチンのエンバナーダ……などあれこれ目移りしてしまうラインナップ。アメリカらしいのはヴィーガンやローフードに特化したお店もあること。ランチタイムはにぎわっていますが、回転は速いので少し待てば席につけるでしょう。

■Chicago French Market
住所:131 North Clinton (Between Washington and Randolph), Chicago, Illinois(アクセス
電話:(312) 575-0306
営業:月~金7:00~19:30、土8:30~17:30、日曜休み
 

ブランチにおすすめ!「Siena Tavern (シエナタバーン)」

シカゴのブランチ

週末のブランチが大人気

シカゴ旅行が休日に当たったらぜひ朝食と昼食を兼ねたブランチを楽しんでみてください。アメリカの週末には、ブランチが欠かせません。ブランチにおすすめなのが、リバーノースにある「Siena Tavern 」。イタリア・フィレンツェ出身で、テレビなどにも出演してきた有名シェフ、ファビオ・ヴィヴィアーニ氏が2013年にオープンさせたイタリアンレストランです。メニューはピザやパスタが中心で、週末はブランチメニューも登場。ピザは店内のピザオーブンでパリッと焼き上げてくれます。
Siena Tavern 

Siena Tavernの店内

ガラス張りで気持ちがよい店内は、ソファ席やテーブル席があり、ゆるやかな週末の空気感にぴったりです。

■Siena Tavern
住所:51 W Kinzie, Chicago, Illinois(アクセス
電話:(312) 595-1322
営業:月~水11:30~23:00、木11:30~24:00、金11:30~翌1:00、土10:00~翌2:00、日10:00~23:00
 

音楽+食事「Tortoise Supper Club(トータスサパークラブ)」

Tortoise Supper Club

美食と音楽は最高のコラボ ©Tortoise Supper Club

シカゴはジャズとブルースの街。音楽を楽しめるナイトクラブはそこかしこにありますが、音楽と食事を一度に楽しみたいという欲張りな人におすすめなのが「Tortoise Supper Club」。サパークラブとは食事も楽しめるこぢんまりとしたナイトクラブのことで、この店ではステーキやシーフードなどの料理とジャズを楽しめます。
©Tortoise Supper Club

バーエリアはにぎやか ©Tortoise Supper Club

店内は55席がラウンジ(うち14席はバーシート)と140席を備えたダイニングにわかれています。演奏のパフォーマンスはラウンジでおこなわれますが、ダイニングにもほどよいボリュームで音が聞こえてきて、心地よいディナータイムを演出してくれます。

■Tortoise Supper Club
住所:350 North State, Chicago, Illinois(アクセス
電話:(312) 755-1700
営業:ランチ月~金11:30~16:00、ディナー月~木16:00~21:30(ラウンジは遅くまで営業)、ディナー金土17:00~22:30(ラウンジは24:00まで)ディナー日17:00~21:00、ジャズライブ金19:30~23:30、土20:30~24:00
 

 BBQ&クラフトビール!「Harry Caray's Tavern(ハリー・キャリーズ・タバーン)」

Harry Caray's Tavern

ボリュームたっぷりの料理に舌鼓

シカゴカブスなどMLB球団の専属アナウンサーであったハリー・キャリーの店。BBQとクラフトビールを楽しめます。ちなみにいまシカゴはクラフトビールブーム。マイクロブリュワリーもできています。
Harry Caray's Tavern

野球好きにはたまらない!Harry Caray's Tavernの店内

シカゴ市内にはハリー・キャリーのお店がいくつもありますが、ネイビーピアにあるこの店は、観光ついでに立ち寄るのに便利です。店内には名選手のユニフォームやボールが飾られ、さながら野球ミュージアムの趣。テレビもあり、スポーツバー的にも楽しめます。

■Harry Caray's Tavern, Navy Pier
住所:700 East Grand Avenue, Chicago, Illinois(アクセス
電話:(312) 527-9700
営業:月~木11:00~20:00、金土11:00~22:00、日11:00~19:00

食のレベルが高いシカゴでは、グルメも旅の大きな目的のひとつになります。滞在中は、ぜひいろいろな味を楽しんでみてください。 【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。