気軽に行けるアジアの人気都市・タイの首都といえば、ご存じバンコク。でも実は正式名称(※)は世界一長く、地元の人はその最初の文字をとって、「クルンテープ」と呼んでいます。クルンテープの意味は「天使の都」。そんな素敵な名前を持つこの街のグルメとは? 今回は天使の都で味わう美食の数々をご紹介しましょう。(撮影協力=航空&旅行写真家・小栗義幸氏)

※ちなみにバンコクの正式名称は、「クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック ポップ・ノッパラット・ラーチャターニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン アモーンピマーン・アワターンサティット サッカタタッティヤウィッサヌカムプラシット」……うーん、長い!

【Index】

昔ながらの暮らしが息づくバンコクの街角

バンコクの屋台
チャイナタウン近くの屋台。オフィス街や繁華街など、人の集まるところに屋台あり。そこかしこで見かける屋台は地元の人の台所がわり

バンコクの屋台
常夏のタイでは料理だけでなくフルーツの露店もよく見かける
道路を行き交う無数の人々、道路を埋め尽くす車やバイク、歩道に所狭しと軒を連ねる屋台……。そんな雑多な街のなかで、ふと空を見上げてみると、そこには高層ビルがニョキニョキとそびえたち、その景観はさながら東京のよう。

日々進化し続けているバンコクでは、当然グルメも現在進行形。そのなかにあって昔から変わらない庶民の味といえばやはり屋台でしょう。50バーツもあれば十分満足できるため、この国では外食文化が発達してきました。

バンコクの屋台
多くの人で賑わうチャトチャックのウィークエンドマーケット。手頃なフードエリアもあれば、花やペットの店まで様々
地元の活気と手頃なグルメを味わうなら、週末に開催されるチャトチャックのウィークエンドマーケットがオススメ。約1万店が集まる巨大なマーケットで、洋服から雑貨、日用品までなんでも揃います。マーケットの名物はオレンジジュース。新鮮な生搾りジュースは、散歩で乾いた喉を潤すのに最適。マスコミでも多数紹介されている有名店は、Section2にある「Luksom」(ルークソム)です。

■Chatuchak Weekend Market
  • 所在地:Chatuchak Park Bangkok
  • 交通・アクセス:地下鉄モーチット駅からすぐ
  • 時間:土日のみ9:00~18:00頃
次のページでは、地上60階超え、絶景を誇るオープンバー!!