ビタミンB12を多く含む食材

動物性たんぱく質
動物性たんぱく質と一緒に摂れる栄養素
ビタミンB12は肉・魚・卵・乳製品など、動物性たんぱく質が豊富な食材に多く含まれています。ですから、腸のトラブルもなく、肉や魚を普段の食事で口にしている方が不足することはほとんどありません。ただ、肉体疲労時は、疲労回復のために気をつけて摂るように心がけましょう。
調理の熱によって壊れる割合も低く、比較的摂りやすい栄養素です。しかし、水に溶ける性質があるため肉汁として流れ出てしまいます。お肉を調理する際は肉汁まで逃がさずいただきましょう。また、煮込み料理はスープも逃さず食べることが上手に摂るポイントです。

サプリとしてのビタミンB12

一日のビタミンB12摂取基準(2~40代成人)
  男性 女性 妊娠期
推奨量 2.4μg 2.4μg 2.8μg
上限量 - - - - - -
平均摂取量 6.4~7.6μg 5.3~6.1μg  

平均摂取量を見ると十分足りていることがわかります。
私たちが普段の生活で肉や魚を日常的に口にしている様子が、栄養の数値からも見えてきますね。ですので、普段、特にビタミンB12を補うためだけにサプリメントに頼る必要はありません。ただ、ビタミンB群はバランス良く摂ることで相乗効果を発揮するのでB12を含むビタミンB群がサプリメントとして製品化されています。

ビタミンB12は通常の食生活を続けていれば不足することはほとんどありません。しかし、ベジタリアンの方や、肉抜きダイエット・過労を続けると不足する可能性があるので、不足症の症状や異常な疲労感に心当たりがある方はサプリメントやビタミン剤で補ってみてくださいね。


【関連リンク】
ご用心!貧血サプリの落とし穴
・All About >> 食と健康 >> マドンナも実践! ベジタリアン
・All About >> ダイエット >> 長期ダイエッター必見! 日本人の栄養所要量(ビタミン)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。