ウエストラインを引き締める3つの方法・エクササイズ!

ウエストラインを引き締める方法

美しいウエストラインは女の証!

成人し、結婚し、出産・・・。女性は男性と異なり、年代と共にホルモンバランスの影響により、ボディラインが刻々と変化します。

長年「女」をやっていると、「女」である事に慣れきってしまい、努力を忘れてしまう方は意外と多いのではないでしょうか?

若い時には入ったお洋服が今は入らないとか、気がつけばラクチンなウエストがゴムのお洋服が多くなった・・・などは、女を忘れかけている証拠!
結果、いわゆる「おばさん体型」になってしまったなんて、悲しいですよね。
   

女の証はウエストのくびれ!

ウエスト
ガイドも実は2回の出産経験アリ。今回ご紹介するエクササイズで、女を忘れないよう努力してます!
ダイエットガイドの河口さんの記事にもあるとおり、男性は「スリムな女性よりも、適度なメリハリのあるボディーラインを持つ女性に魅力を感じる」のです。と、いうことは、女の証はやはりウエストのくびれ。激しいダイエットをして単にスリムになることを目指すよりも、ウエストを引き締めるエクササイズで、女性らしいたおやかなボディを手に入れませんか?

今回は、場所と時間を選ばずにでき、更に効果抜群!の、究極の「くびれ復活エクササイズ」をご紹介します!
 

ウエストラインを引き締める方法1:まずはストレッチで伸ばす

エクササイズの最初は、身体の横のラインを伸ばすストレッチです。いきなりエクササイズを行うと、筋肉を傷めてしまうことも! 無理のない範囲でしっかりストレッチして“くびれ筋”を目覚めさせてあげてください。
イメージ
 

■まずは上に向かってストレッチ!
(1)脚を肩幅に開き、両手を組みます。
(2)組んだ両手を身体の真上にもっていき、気持ちの良い範囲でしっかりストレッチしましょう。

いきなり無理をすると筋肉を傷めるもと! あくまで気持ちの良い範囲で行ってください。
 
イメージ
 
■次に、そのまま横に倒して、身体の横側を延ばします。
(3)上記の姿勢から、ゆっくり息を吐き出しながら、左右どちらかに身体を倒していきます。下半身は肩幅で重心を真ん中に保ちつつ、おへそから上だけを横に倒すようなイメージで行いましょう。無理のない範囲で、10秒くらいこのままの姿勢をキープします。
この時、絶対に呼吸は止めないように!
 
イメージ
 
■反対側もストレッチ
(4)ゆっくりと元の位置に身体を戻し、一度深呼吸をします。
(5)次に、反対側にも身体を倒します。(3)と同じように、ゆっくりと息を吐き出しながら行ってください。
無理のない範囲で10秒くらいキープします。
 
上記の動作を1セットとし、3~5セットくらい行います。

■身体を前に倒してしまうのはNG!!
イメージ
 


身体を横に倒す時は、まっすぐ横に倒すようにしましょう。身体の前側に手がいってしまうのはNGです。

 
これでストレッチは完了!


 

ウエストラインを引き締める方法2:身体の横側の筋肉を鍛える

「くびれ復活エクササイズ」のその1は、身体の横側の筋肉を鍛えるエクササイズです。このエクササイズによって、真正面から見た時の、女性らしいメリハリラインが実現できます!
 
イメージ
 
■両腕を広げて基本のポーズ
(1)まずは肩幅に脚を開き、両腕を肩の高さで左右に広げます。
この時、腕が下がってしまったり、逆に肩より上になってしまわないように注意してください!
また、腹筋とおしりに力を入れ、お腹が弛んでいたり、おしりを突き出した状態にならないようにしましょう。
 
イメージ
 
■次に、腕を引っ張られるようなイメージで片方にもっていきます。
(2)上記の姿勢から、腕を引っ張られるようなイメージで、真横に上半身のみもっていきます。腕が下がってしまわないように注意しましょう!
 
イメージ
 
■反対側も同じように!
(3)反対側にも、(2)と同じように、腕を引っ張られるイメージで上半身を移動させます。
 
上記を1セットとし、リズミカルに上半身を左右に移動させます。最初は10セットくらいから始め、慣れてきたら30セット行います。

■腕が下がったり、前にいってしまうのはNG!!
イメージ
 


横から見たときに、腕が下がってしまったり、前にいってしまうのはNG!です。腕は肩の高さで、身体の真横にまっすぐ伸ばし、そのまま左右に上半身を移動させます。
 


いかがですか? 程よい筋肉の疲労で「ウエストが締まりそう!!」という実感が湧いてきおたのではないでしょうか??

ここまできたら、くびれウエストまであと1歩!
 

ウエストラインを引き締める方法3:ウエストの前後を鍛える

先ほどは、真正面から見たときに、ウエストがキレイなカーブを描くように身体の横側を引き締めるエクササイズを紹介しました。

今度は、斜めから見たときにも美ラインになるように、ウエストの前後を引き締めるエクササイズをご紹介します!
 
イメージ
 
■まずは、基本の姿勢!
(1)先ほどのエクササイズと同じく、まず肩幅に脚を開き、両腕を肩の高さで左右に広げます。
 
イメージ
 
■肘と膝を近づける!
(2)画像のように、肘と膝を近づけるように引き寄せます。引き寄せる肘が右肘だったら左膝というように、左肘だったら右膝というように、腕と脚で別々の側の肘と膝を近づけます。

この時、姿勢はピンと伸ばしたまま、肘と膝だけを動かして近づけるようにしましょう! 
 
イメージ
 
■腕が下がってしまうのはNG!
左の画像のように、伸ばした腕が下がってしまうのはNGです!
 
最初は左右10回ずつくらいから始め、慣れたら30回くらいずつ行いましょう。


 

毎日続ければ1ヵ月後には効果実感!

ウエストは、他のパーツと違い、結果が出やすい場所なので、エクササイズも楽しくできます。

しかし、ここで注意点が必要。

結果が出やすいだけに、頑張りすぎてしまう方もいらっしゃるかと思います。私も、何度と無くやりすぎの為、筋を痛めています。
各パーツMAX30回程度を目安に行って下さい。

ご紹介したストレッチとエクササイズ2つを、できれば毎日少しずつやっていけば、1ヵ月後には、徐々にくびれが出てくるはずです!!
 

更にウエストラインのくびれ効果をUPするためには

くびれウエストを構成する「腹筋」ですが、斜めの筋肉真ん中の筋肉横の筋肉から成ります。今回は、斜めと横を御紹介致しました。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。