加齢は肌遺伝子の働きを鈍くする!


画像の代替テキスト
遺伝子も老化すると働きが鈍るそう。
遺伝子は、肌を構成するタンパク質をつくるための設計図であることは、「肌老化のカギは遺伝子にあり」でご紹介しました。

私たちの体には約2万2千種類の遺伝子があり、肌にある遺伝子は4400種類ほど。

ランコム研究所は肌に存在する約4400種類の遺伝子を解析して、若い肌と加齢肌の遺伝子発現を比較する研究を行いました。

その結果、遺伝子の反応速度を比較すると、遺伝子がタンパク質をつくるために働くスピードは、同じ遺伝子でも、若い肌に比べ加齢肌では発現スピードが5倍も遅くなることが、ランコムの研究によってわかりました。

簡単に言うと、若い肌の遺伝子は活発に活動して遺伝子の反応も早いのに対し、加齢肌では遺伝子の反応が鈍化し、活動も遅くなるということ。


若い肌と加齢肌には特有のタンパク質がある


画像の代替テキスト
若い肌に多いタンパク質って?
遺伝子の反応が若い肌と加齢肌で異なることによって、2つの肌に出現するタンパク質の種類が異なっていることがわかりました。

ランコム研究所では肌の角質から採取した700種類のタンパク質を分析した結果、一部のタンパク質が若い肌に特徴的に多く存在するもので、それが肌の若々しさに関係していることを突き止めました。


若肌タンパクと加齢タンパクの違いは?


画像の代替テキスト
若い肌に特徴的なタンパク質「デスモグレイン1」
こうして発見されたのが、若い肌に特徴的なタンパク質「デスモグレイン1」と、加齢肌に特徴的な「GAPDH」です。それぞれについて簡単に説明すると、

【デスモグレイン1】……細胞膜にあって、細胞と別の細胞や組織をつないで、情報や栄養の交換などをする役割を果す。コラーゲンやエラスチンなど肌をつくる成分にも関係している。若い肌に特徴的に存在するタンパク質。


画像の代替テキスト
加齢肌に特徴的なタンパク質「GAPDH]
【GAPDH】……糖をエネルギーに変えて代謝するときに発生する物質で、もっとも最終的な代謝物のひとつ。加齢肌に特徴的なタンパク質。


ランコムの新美容液「ジェニフィック」


画像の代替テキスト
ジェニフィック(美容液)10500円/30ml:8月21日発売開始予定:ランコム
この研究結果から、ランコム研究所では、若い肌に特徴的なタンパク質を増やして、加齢肌に特有のタンパク質を減らすことで、肌のエイジングケアができる美容液「ジェニフィック」を開発しました。

「ジェニフィック」を2ヶ月間使用した女性25人の皮膚サンプルを分析した結果、若い肌特有のタンパク質「デスモグレイン1」が26%増加し、加齢肌特有のタンパク質「GAPDH」は54%も減少していました。

画像の代替テキスト
くすみ、肌活性、健康に改善を感じた人が多かったそうです。
日本人女性120人が「ジェニフィック」を2ヶ月間使用した結果、使用直後から「くすみ」「肌の健康」などの改善を実感する人が70%を越え、2ヶ月間使用後には、90%が「くすみ」「肌の健康」「肌の活性」などの改善を実感しています。

また肌のくすみに関しても、「黄味」「オリーブ味」などのくすみが減少し、「明るさ」「輝く」「透明感」などが高まったという結果に。

「ジェニフィック」には、タンパク質の合成を促進する「フィトスフィンゴシン」という成分や、若い肌に特徴的な遺伝子の発現を促進する「ビオリサット」という成分が配合されています。


洗顔後の素肌を包む心地いい美容液


画像の代替テキスト
洗顔後の素肌につけるのが効果的。
「ジェニフィック」のもうひとつの特徴は、洗顔後の肌につけること。この使い方は世界で唯一の日本独自の処方です。

美容液でありながらローションなどよりも先に、素肌に塗布することによって、肌への溶け込みを実感できます。

トロリとしたテクスチャーがフルーティーな香りとともに素肌に広がり、すうっと馴染んでいく気持ちよさで、肌の緊張もほぐれて柔らかさを取り戻す感じです。


次のページでは、シミのできやすさと遺伝子の関係についてご紹介します。