鯛の白子
膨らんだお腹を切ると白子が…
白子といえば鱈のものを思い浮かべる人も多いでしょうが、鯛の白子はもっと上品で透明感のある味です。
白子だけを買うのは難しいですが、産卵期前の旬の鯛をまるごと一匹買ったとき、雄を選べばパンパンのお腹の中からまず白子が飛び出してきます。貴重でおいしいものですから捨てるなんて言語道断です。調理も簡単ですから、ささっと作って、酒のアテにしてみましょう。

なお、すべての基本、鯛の下処理の方法はこちらの記事に書きましたので参照してください。

材料

鯛の白子:1尾分
鯛の骨で取ったダシ:適量(潮汁を作る過程で出るダシを少し拝借)
米酢:適量
スダチ:適量
醤油:適量
アサツキ:適量

作り方

白子
新鮮な白子は透明感がある
白子はていねいに洗い、30分ほど水に漬けて血抜きをします。

霜降り
さっと色が変わったらすぐ取り出す
血抜きが終わったら熱湯に入れてすぐに引き上げて氷水で冷やし、すぐザルに上げて水気を切ります。

続いて調味酢を作りますが、ここでは鯛の潮汁を作るときに、塩で調味する前のダシを少し別にしておき、それを使います。潮汁と同時に一緒に作らないときは、潮汁の作り方の記事を参照してダシを取ってください。

そしてダシ汁に米酢、スダチ、醤油を加え、ちょうど良い味になるように調味します。飲めるぐらいの薄味がよいですよ
そして適当に切った白子と合わせ、さらにうえから小口に切ったアサツキをかけ、 あっという間にできあがりです。

完成
白子酢


これはやはり、つけ汁に鯛のアラのダシ汁を入れるところがミソです。白子とダシが呼び合って一体感が出ます。


その他の鯛のレシピです。
お刺身 クリックすると作り方の記事にジャンプします 塩焼き クリックすると作り方の記事にジャンプします かぶと蒸し クリックすると作り方の記事にジャンプします
刺身 塩焼き かぶと蒸し
潮汁 クリックすると作り方の記事にジャンプします 白子酢
潮汁 白子酢


◆「男の料理」ガイドのメールマガジンを購読しませんか◆
下記フォームにメールアドレスを入力して「購読」ボタンをクリックしてください。
メルマガ限定レシピもあります!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。