皮まで食べられる 鯛のレモンホイル焼き

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかずホイル焼き

 

皮まで食べられる 鯛のレモンホイル焼き

魚介類の中でもコラーゲン含有量が高い鯛を使い、オーブントースターで簡単にできるホイル焼きをご紹介します。アルミホイルで材料をすべて包み加熱するだけ。忙しい主婦に嬉しい一品です。レモンとタイムの香り、鯛の柔らかい身質をお楽しみください。

鯛のレモンホイル焼きの材料(2人分

具材
今回は真鯛切身を使用 90g×2切
小さじ1/4
こしょう 少々
レモン 40g
調味料
大さじ2
醤油 小さじ2/3
タイム 少々
鯛は特に皮の部分にコラーゲンが多く含まれています。ホイル焼きにすることで魚は蒸し焼きになり、皮も柔らかくなります。ぜひ召し上がってください。

鯛のレモンホイル焼きの作り方・手順

具材の下ごしらえ

1:鯛に下味をつける

鯛に下味をつける
バットに鯛を並べ、塩とこしょうを全体にまんべんなくつけ、10分ほどおきます。

2:レモンを切る

レモンを切る
レモンを薄くスライスし、種を取り除きます。

調理する

3:アルミホイルの中央に具材と調味料をのせる

アルミホイルの中央に具材と調味料をのせる
アルミホイルの中央に、表面の水気を拭き取った鯛1切をおき、スライスしたレモンを2枚のせます。酒、醤油を加え、タイムをふって四方を包みます。

4:オーブントースターで加熱する

オーブントースターで加熱する
250℃で15分程度加熱します。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は鯛を使いましたが、他に鮭、鰆、タラなどを使ってもよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。