本格的!フライパンで魚まるごとアクアパッツァ

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかず煮込み

 

アクアパッツァをフライパンで! 魚まるごとレシピ・作り方

魚の簡単な下処理さえ施せば作り方は簡単、フライパン一つでできるアクアパッツァは、パーティーやお客様のおもてなしにぴったりの一品です。ハーブやオリーブ、ケイパー、バルサミコを加えれば本格的な味に仕上がります。

具材を食べたあとは魚介のうまみを楽しめるシメ。パスタやご飯を、残ったスープと一緒に煮つめて食べるのがおすすめです。ワインやシャンパンとの相性もピッタリ。丸1尾の魚が手に入ったら、ぜひ作ってみてください。


【関連記事】

本格アクアパッツァの材料(4人分

魚介
今回は連子鯛 1尾 550g
あさり 150g
魚の下味用 小さじ1と1/3
ブラックペッパー 少々
調味
オリーブオイル 大さじ4
ニンニク 1片
トマト 220g
オリーブ 種がとられ輪切りになっているもの 15g
ケイパー 10g
白ワイン 3/4カップ
タイム 少々
ローズマリー きざんでおく 少々
あしらい
ルッコラ 3g
バルサミコ 少々
今回は鯛を使いましたが、いしもち、カサゴ、たら、あいなめ、スズキなどの白身魚で作ってもOKです。

本格アクアパッツァの作り方・手順

下ごしらえ

1:あさりを砂抜きする

あさりを砂抜きする
ボウルなどに水500mlと塩大さじ1(分量外)を入れて均一に混ぜ、あさりを入れて砂抜きします。

参考:基本のあさりの砂抜き方法

2:鯛を下処理する

鯛を下処理する
鯛の表面のうろこをとり、えらと内臓をとり除きます。流水できれいに洗い、水気をペーパータオルなどで拭きとります。

参考:鯛の下ごしらえ

3:鯛に下味をつける

鯛に下味をつける
鯛に塩とブラックペッパーをふり、10分ほどおきます。 表面だけでなく、内臓が入っていた部分にも下味をつけましょう。

4:トマトとニンニクを切る

トマトとニンニクを切る
トマトはへたをとり、一口大に切ります。ニンニクは皮をむき粗みじん切りにします。

調理する

5:フライパンで鯛を焼く

フライパンで鯛を焼く
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火で加熱します。香りが立ってきたら、フライパンの面に接する鯛の皮目が薄いきつね色になるまで焼きます。
強火で調理すると、ニンニクが焦げて風味が悪くなります。また鯛の皮も、フライパンにくっつき、はがれてしまいます。弱火でじっくり加熱しましょう。

6:鯛を返し、調味用の材料とあさりを入れて蒸し焼きにする

鯛を返し、調味用の材料とあさりを入れて蒸し焼きにする
魚をひっくり返し、調味用の材料とあさりを入れてふたをし、火を少し強くして7~8分ほど蒸し焼きにします。  水気がなくなってきたら、水を足して調節してください。

7:ふたをあけ、アルコールをとばす

ふたをあけ、アルコールをとばす
ふたをあけて、1分ほどさらに加熱します。  この時、スプーンを使ってスープを鯛にかけていくと、より味が染みます。

仕上げ

8:バルサミコとルッコラをあしらう

バルサミコとルッコラをあしらう
バルサミコを全体にふりかけ、ルッコラを中央にあしらいます。フライパンのまま提供しましょう。

ガイドのワンポイントアドバイス

シメに入れるパスタやご飯はやや固めに仕上げて用意しておきましょう。残ったスープと一緒に煮つめていくとちょうどよい柔らかさになり、より美味しく召し上がれます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。