甘辛いタレが絶品! 金目鯛の煮付け

所要時間:60分

カテゴリー:サブのおかず煮付け

 

甘辛いタレが絶品! 金目鯛の煮付け

色鮮やか、見た目も豪華な金目鯛。甘辛いタレをたっぷりからませた煮付けはご飯がすすむ一品です。ふっくらとした身は口の中でホロっとくずれ、かみしめるごとにうまみが広がります。身がパサつかず、照り良く仕上げるポイントもご紹介します。

金目鯛の煮付けの材料(2人分

煮付けの具材
金目鯛 切り身になっているもの 420g 
大根 150g
生姜 20g
調味液
100ml
50ml
みりん 50ml
醤油 50ml
砂糖 大さじ1
金目鯛は皮目の赤い色と大きい目が特徴。皮目は全体に鮮やかな紅色をしており、身が乾いておらず弾力があるもの、目は濁っておらずきれいな金色のものが良いでしょう。うろこがついている場合はうろこ取りで丁寧に取り除きましょう。

金目鯛の煮付けの作り方・手順

具材の下ごしらえ

1:金目鯛に熱湯をかける

金目鯛に熱湯をかける
4カップ程度の水を火にかけ熱湯を作っておきます。金目鯛をザルに並べ、上から少しづつ皮目全体に熱湯をかけます。
一気に熱湯をかけると皮の縮みが激しくなり、見た目が汚くなります。少しづつかけていきましょう

2:大根と生姜を切る

大根と生姜を切る
大根と生姜は皮をむきます。大根は8mm程度の厚さに半月型に切ります。生姜は半量を1mm程度の厚さにスライスし、残りは針生姜にします。
針生姜とは、細く千切りにした生姜のことです

煮付けにする

3:調味液を合わせる

調味液を合わせる
フライパンに調味液の材料を合わせ、中火にかけます。
具材を入れる前に調味液に火を通しておくことで、生臭みがない煮付けに仕上がります

4:金目鯛と生姜を入れ、煮る

金目鯛と生姜を入れ、煮る
調味液が泡立ってきたら、金目鯛と大根、スライスした生姜を並べ、2分程そのまま煮ます。
具材を入れることで一旦調味液の温度が下がるので2分程このまま加熱し、再度沸騰させましょう

5:落とし蓋をして、弱めの中火にかける

落とし蓋をして、弱めの中火にかける
落とし蓋をし、20分程弱めの中火にかけます。
落とし蓋がない場合は、アルミホイルで代用しましょう。中央に直径2cmの穴を開けてください。火が強いと金目鯛の身がパサつき、皮がはがれてきてしまいます

6:調味液を上からかけ、味を含ませる

調味液を上からかけ、味を含ませる
調味液が半量程度になったら落とし蓋を取り、スプーンなどで調味液を金目鯛と大根にかけながら、さらに5~6分煮詰めます。
この工程を施すことで、中まで味がなじみ表面の照りが良くなります

7:フライパンにふたをし、味を含ませる

フライパンにふたをし、味を含ませる
火を止めて、落とし蓋を戻し、フライパンにふたをして15分程置きます。
この工程を施すことでさらに具材に味が含みます

8:盛り付ける

盛り付ける
皿に金目鯛と大根を盛り付け、調味液を上からかけます。金目鯛の上に針生姜をのせます。

ガイドのワンポイントアドバイス

金目鯛は魚体そのものに少し臭みがあるので、塩焼きには適しません。煮付けや鍋もの、しゃぶしゃぶなどにして食べるのが一般的です。新鮮なものは刺身や寿司にして食することがありますが、スーパーなどで売っているものはきちんと加熱して食べることをお勧めします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。