夏の肌ケアの極意

日差しが強い夏。肌も疲れ気味。
汗は肌のバランスを崩します
夏は汗をたくさんかく季節。そのため普通なら弱酸性の肌環境が、やや崩れやすくなっています。そんな危うい肌はバリア機能が低下し、菌の影響も受けやすくなります。環境的にも、高温多湿は菌が好む状況。人の体温は中温域でちょうど生息しやすい菌が多いんです。そのため敏感になりかゆみを感じたり、ぶつぶつができたり、と意外にトラブルが多いもの。

つまり、何はともあれ「汗を流してきれいにすること」。これが夏のスキンケアのポイントになります。


そうなるとアロマテラピーの出番です。というのも、エッセンシャルオイルは植物から得られたもので、種類により程度の差こそあれ抗菌に優れるからです。肌を清潔に保ってくれるわけ。しかも香りによって心もリラックス。夏疲れを癒してくれます!


手作りアロマバスグッズでさっぱり!

2人で充足した時間
香りがあれば、バスタイムのくつろぎ感がより一層高まります!
夏は日差しが強いうえに、肌の露出が多い季節。肌ケアは顔だけでなく全身を視野に入れたいもの。首や腕、脚。これらを一度にケアできる方法は、そう「お風呂」です!そこで今回はトータルケアである「お風呂」でアロマを活用しましょう。

お風呂なら体が温まるためクーラーで冷えてしまってる人にも最適。多忙な毎日ではついシャワーになりがちだけど、やはりバスタブにつかりましょう。足の冷えはむくみにもつながります。冷えがひどいときは、フットバスで集中ケアもOK。

ではそんなお風呂効果を高め、肌のお手入れに役立つエッセンシャルオイルをご紹介します!



「おすすめエッセンシャルオイル」 次のページに続きます!