春夏秋冬に合わせて香りも衣替え!

yellow1.jpg
季節にあった香り選びで生活を彩りましょう。
季節が変わると温度や湿度といった自然環境をはじめ、服や靴の色なんかも変化します。わたしたちはそのような影響を心と体に受けながら毎日を過ごしています。その変化にうまく対応できるために「香り」も衣替えしましょう。

今回からシリーズで春夏秋冬に合うアロマとそれをブレンドしたナチュラル香水レシピをお届けします。四季に合わせて香りを使い分けると、季節感を感じやすくなります。またナチュラル100%のエッセンシャルオイルは単に香りがあるだけでなく、心身への効果が期待できるもの。ネガティブな感情を和らげたり、さらに前向きになるような目的で使うこともできます。

香りの嗜好は人ぞれぞれ。なので、もちろんご自分でさらにアレンジをお楽しみ頂くのも結構!手元にあるエッセンシャルオイルをずらりと並べて、楽しく香りをコーディネートしましょう!


このシリーズでは、1回ごとにブレンドに役立つ情報も載せていきます。今回は「賦香率」。香水を作るにはこの知識は欠かせません。まずはここからスタートしましょう。

賦香率とは

pink1.jpg
シーンに合わせて香りもチェンジしましょう。
賦香率とは、ベースに対する香りの濃度(割合)をいいます。香り濃度が高い順から並べてみましょう。

パルファム(parfum15%~25%)
 ↓
オードパルファム(eau de parfum5%~15%)
 ↓
オードトワレ(eau de toilette5%~10%)
 ↓
オーデコロン(eau de Cologne3%~5%)  ※%が濃度

つまりパルファムはもっとも濃厚な香りで、オーデコロンは一番軽く薄い香りとなるわけです。好みもあるでしょうが、用途や気分によって使い分けると良いでしょう。例えば夜のデートにはパルファム、スポーツのあとは全身につけれるオーデコロン、といった具合。強く香ればいいというわけではなく、シーンによって香りを変えると良いですね。


では続いて毎回必要になる「ベース」を決めましょう!