ジェットラグ(時差ぼけ)に香りを使う

air.jpg
せっかくの旅行。元気に楽しみたい!
時差があることで生じるからだの不調がジェットラグ。いわゆる時差ぼけです。人のからだには体内時計がありますが、この乱れによって色々な不調が起きます。一番多いのが不眠や眠気といった睡眠の不調。海外旅行に行く国によってジェットラグがひどい場合と軽い場合があるようですが、よく見られる不調に対してオススメのオイルをご紹介します。ジェットラグは早めに解消して、旅を快適にスタートさせましょう!


諸症状にオススメのエッセンシャルオイル


◆飛行機による旅の疲れ
とにかく移動のフライトに疲れた!という場合はグレープフルーツ(Citrus paradici)がとてもオススメです。ホテルの部屋に入ったら、コップなどに熱湯を注ぎます。そこへグレープフルーツを1~2滴落とし、部屋に香りを広げます。呼吸が深くなり、すっきりとして心身に現実味が戻ってきます。グレープフルーツの香りで旅の不安も和らぎこれからのレジャーの楽しみを増してくれます。

◆不眠
時差ぼけの不調で一番多いのが不眠。そんなときにはやはりラベンダー(Lavandula angustifolia)。ラベンダーは睡眠を促し、からだの中のリズムを整える香り。ホテルのバスタブにお湯をためてラベンダーを2滴入れてよくかき混ぜたら、からだをつけます。目を閉じてゆっくりと香りを吸い込みましょう。お風呂から上がったら、残り香があるバスルームの扉を開けたままベッドに入るのもいいでしょう。ラベンダーのほのかな香りで睡眠の長さだけでなく、質が回復され、次の日から少しずつ眠れるようになるでしょう。(もちろんラベンダーが苦手ならカモミールローマンやサンダルウッドなどで代用して下さい。)

◆眠気
なんとなくだるかったり、頭がぼ~っとして目が覚めないときはペパーミント(Mentha piperita)やローズマリー(Rosmainus officinalis)がオススメ。ジュニパー(Juniperus communis)のような木の香りも良いですね。ハンカチに1滴落として携帯してみましょう。リフレッシュして頭がスッキリします。

◆食欲不振といた胃腸の不調
ジェットラグによって胃腸の調子が狂うこともよくあります。レモン(Citrus limon)は食欲不振に、便秘にはスィートマジョラム(Origanum majorana)、下痢にはマンダリン(Citrus reticulata) 。植物オイルにブレンドしたものをお腹に塗布します。スィートアーモンドオイル10mlにエッセンシャルオイル1滴を入れよく混ぜます。出来あがったものをガラスのボトルに入れて完成。手がすべる程の量を手のひらにとり、お腹に塗ります。ブレンドしたものは1週間以内には使いきりましょう。

いずれも旅行の前に香りを確認し、嫌いな香りでないかどうかを確認しましょう。嫌いな香りをホテルの部屋に広げてもあまり良い効果は望めません。携帯するときは蓋をきっちりと閉め、中身が漏れないように気をつけましょう。またホテルの部屋に置いておくときは、直射日光の当る場所や温度が上がるところには置かないようにしてください。

※もちろん下痢の場合などは水分補給を忘れずに。どの場合も症状がひどい場合は医師の診断を仰ぎましょう。


【アロマテラピー関連記事】
海外旅行に便利なオイル
エッセンシャルオイルの選び方
蚊除けスプレーの作り方
~消化不良、腹部の膨張感には・・・~ペパーミントオイルでマッサージ
アロマ・ピロウで快適睡眠


【関連リンク】
オンラインショップ
エッセンシャルオイルの種類
アロマテラピー注意事項


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。