まいたけオンリーで作るだしはこんなにうまい!

所要時間:15分

カテゴリー:おせちお雑煮

 

まいたけのよさを引き出すには短時間強火加熱!

しっとりと水分を含んだ山奥の緑の香りを彷彿とさせ、食感はジューシーで滑らかなのにシャキシャキとした歯ごたえ、そしてヘルシー極まりない健康効果を合わせ持つまいたけ。この魅力あふれるきのこをだしにしてみましょう。

ポイントは水から煮るです。まいたけに含まれるうまみ成分は、60~70度ほどの温度に加熱することによって、引き出されます。また低温でじっくり煮てしまうと、まいたけのシャキシャキ感が損なわれるので、水から強火で短時間加熱することをおすすめします。

そして忘れてはいけないのがまいたけの健康効果。まいたけは低カロリーで、豊富な食物繊維やむくみを解消するカリウムを含んでおり、高いデトックス効果があることで知られています。これに加えて、脂肪をため込ませない成分、MXフラクションを含み、注目度が高まっています。この成分は他のきのこ類にはなく、まいたけだけに含まれています! 血中コレステロールや中性脂肪を下げ、血糖値を下げてくれるおかげで代謝が上がり、脂肪を燃焼し、脂肪をためこませないようにしてくれるのですが、詳細はこちらの記事をぜひ参照ください。>>「7日間で痩せる!舞茸ダイエットのやり方とレシピ」

まいたけだしは、風味と香りがしっかりと味わえるので、シンプルな和食によく合います。ここでは焼いた餅入りのお雑煮を紹介していますが、味噌汁・鍋・うどん・炊き込みごはんに活用しても◎。まいたけを味わいつくしてみてください。
 

まいたけだしの作り方の材料(2人分

舞茸だしで作るお雑煮
まいたけ 100g
2カップ
2個
油揚げ 1/2枚
かぼす 2切れ
青ねぎ 1本
薄口醤油 小さじ1
小さじ1/3
みりん 小さじ1

まいたけだしの作り方の作り方・手順

まいたけだしで作るお雑煮

1:まいたけだしを作る1

まいたけだしを作る1
鍋に水と手で裂いた舞茸を入れて、強火にかける。

2:まいたけだしを作る2

まいたけだしを作る2
しばらくすると鍋肌にフツフツと泡が立ち、その直後に、一気吹きこぼれそうな勢いで泡だって沸騰するので、火を止めて、蓋をする。

3:まいたけだしを作る3

まいたけだしを作る3
2分ほど余熱で火を通したら、まいたけだしのできあがりです。

4:具材を用意する

具材を用意する
餅を焼き、ねぎは小口切り、かぼすはスライスし、油揚げは短冊切りにする。

5:雑煮を作る

雑煮を作る
まいたけだしを火にかけ、薄口醤油・みりん・塩を加えて味を調える。焼き餅・油揚げ・まいたけを加えて30秒ほど火を通したら器に盛り付け、ねぎとすだちをのせてできあがり。

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。