間違っている理由を把握し修正しよう!

自分では気付いていない習慣や行動が、ダイエット効率を悪くしているかもしれません。そこで今回は、ダイエット成功を遠ざける、ありがちな間違い7つを紹介します。

何が間違いなのかを把握し、軌道修正をして正しいダイエットに取り組みましょう!

間違い1 間違った朝食を摂っている

朝食に菓子パン&コーヒーの組み合わせはNGです

朝食に菓子パン&コーヒーの組み合わせはNGです

「夕食の内容は気を付けるけれど、朝食は何を食べても◎」「太りそうなものは朝食に食べれば大丈夫」といった考えのもと、もし、毎朝菓子パンだけを食べて出かけているようであれば、改める必要があります。

以上のような朝食だと血糖値が急上昇するため、すぐに空腹に襲われたり、インスリンの分泌が活発になることで脂肪を溜め込みやすくします。

The American Journal of Clinical Nutritiに報告されている2013年の研究によると、たんぱく質を豊富に含んだ朝食は、その後の食欲を抑えてお腹がすきにくくなるといった効果が期待できるとしています。

朝食の献立では、洋・和食共に卵を使った料理なら取り入れやすいと思いますし、和食の場合であれば納豆や豆腐も◎です。

もし、朝食を摂る習慣がないという人であれば、ギリシャヨーグルト、豆乳、カッテージチーズなどを取り入れるようにすると、手軽にたんぱく質を摂れるようになるでしょう。

間違い2 有酸素運動さえすれば脂肪が燃焼すると信じている

有酸素運動だけではもったいないかも!

有酸素運動だけではもったいないかも!

脂肪を燃やすためにジョギングやウォーキングなど有酸素運動だけをしているのであれば、損をしている可能性があります。

もちろん、有酸素運動は脂肪燃焼に効果的ですが、筋肉量を維持・増量する筋トレを実践する習慣を持てば、1日に燃焼するカロリーが増えるため、長い目でみて痩せやすい体質となります。

さらに、筋肉が程良くつくことで体のラインも美しくなるほか、肌にハリが出るため、二の腕やひざのたるみ、バストやヒップの下垂予防にもなり、若見え効果も期待できます。

*筋トレに効果的な方法
「忙しい人ほどうまくいく!FAT5ダイエット」
「代謝アップ壁トレで痩せ燃え体質に」
「ステップアップストレッチで代謝アップ&腹筋を割る」
「首を傷めない!バスタオルを使う腹筋美女エクササイズ」

間違い3 ダイエット&美容に良いからと好きではないものを食べている

美味しくない……では続きません

美味しくない……では続きません

ダイエットがうまくいかない理由の一つとして、好きではないものを無理やり食べようとすることが挙げられます。いくらダイエット&美容に良いとされる食材であっても、「美味しくない」「味が嫌い」と感じてしまっては続けられません。また、まったく融通の利かないダイエットも同じく、悪い結果に終わる可能性さえあります。

心身共に健康的な食生活を送ることがダイエット&美容にとって最も重要なので、好きではないものを食べることで毎日が憂鬱になってしまっては本末転倒。例えばココナッツオイルが苦手なのであれば、ココナッツの風味がしないMCTオイルを試してみたり、苦手な野菜があれば調味料・スパイスなどで味にアクセントをつけてみるなど、自分なりに色々試してみるのがコツです。

間違い4 体重計に1日何度も乗ることが習慣になっている

体重の数値はあくまで目安と考えましょう

体重の数値はあくまで目安と考えましょう

Nutrition Journalに掲載された研究内容
によると、ストレスをコントロールする技術を学んだうえでダイエットをしている人は、そうでない人よりも体重をより多く落とせることが分かりました。理由は、ストレスによる不安、また、ストレスを食べることで紛らわすといったことを避ける方法を学ぶことができるからです。

ダイエットをすると、どうしても短期間で体重を落とそうと思い、1日に何度も体重計に乗っては一喜一憂する人も多いものですが、それがストレスとなり、ダイエット成功を妨げてしまう恐れがあります。

体重は計る時間帯や、また、女性であれば体内にどれくらい水分を溜め込んでいるかによって大きく変わるものです。長期的に体重を減らしていく際は、全体的になだらかな右肩下がりでありながらも、時として体重が増えたり、停滞したり、という期間が発生するものです。つまり、努力の結果がすぐに体重計に反映されなくても気にせず、ストレスを溜めないという気持ちが何よりも大切です。

間違い5 計画通りにいかなかった時の微調整プランを持っていない

すぐに起動修正できるプランを考えよう!

すぐに起動修正できるプランを考えよう!

ダイエット成功のためには、食生活や運動習慣を改める計画を立てることは必須ですが、時にはイライラしてストレスで食べてしまったり、疲れて運動が出来なかったり、接待の食事会で遅い時間に食べざるをえなかったり……ということもあるものです。

そして、以上のようなアクシデントに対応できるプランをあらかじめ用意しておくことも、ダイエットを順調に進めていくためには必要なことです。例えば、「食べ過ぎてしまった場合は2~3日以内に調整する」「食べ過ぎたら、そこから16時間前後は食事をしない」「食べ過ぎた食材は数日間は控える」「運動の代わりに入浴で汗を流す」等というような微調整プランだと、無理なく立て直すことができるのでオススメです。

NGなのは、たった1回計画通りにいかなかったからといって投げやりになって諦めてしまわないこと!また翌日からある食品群を丸ごと抜いてしまう、大幅にカロリーを落とす等も、より代謝を悪くするなど、ダイエットの悪循環に陥ってしまうので気をつけましょう。

間違い6 サラダ中心、ジュースクレンズ等、特定の食事法が良いと思っている

偏った食材ばかり!は危険です

偏った食材ばかり!は危険です

ダイエット&美容に良いとされる特定の食品や食事法を実践していれば、最初のうちはある程度体重を落とせるかもしれませんが、問題なのは、そのライフスタイルをずっと続けられるかどうか……ということです。

特に、美意識の高い方々に人気のサラダ中心、ジュースクレンズ生活等では、たんぱく質、鉄分、カルシウムを取ることができず、冷え、疲れ、貧血を招く恐れもあり、さらには生理痛が重くなったり、肌の潤いが無くなるなど美容面でもマイナスになりかねません。

一見ヘルシーな食事は、カロリー面や栄養面が不足していることが多いため、胃腸を休める意味で時々トライするなどにしておくほうが良いでしょう。

間違い7 作り置きが一切ない

野菜や果物をカットしておくだけでも役立ちます

野菜や果物をカットしておくだけでも役立ちます

遅い時間に疲れて家に帰る日は、そこから頑張ってヘルシーな調理に取り掛かろう!とはなかなか思えないものです。また、強い空腹状態だと、とりあえず口にすぐ運べるお菓子や菓子パンなどを食べてしまいがちです。

そうならないためには、ヘルシーな食事を事前に作っておき、健康的な選択ができるようにすることがポイントです。

時間に余裕のある日や週末などに、野菜を茹でてカット、生で食べられる葉野菜などは洗ってカットし保存、ローストナッツは瓶詰保存、出汁を多めに作り冷蔵保存etc……をしておけば、適度な空腹状態で食べ物にありつけたり、すぐに調理に取り掛かることができるので、頭で考えずに勢いで食べてしまうといった間違いを犯す心配がなくなります。


以上7つは、今日からでも改めることができる間違いですので、思い当たる方はすぐにでも軌道修正していきましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。