ながらレッグケアで賢く美脚を手に入れる

つらい脚のむくみを時短で解消するレッグケアとは?

つらい脚のむくみを時短で解消するレッグケアとは?

身体の中でも冷えを感じやすい足。冷えにより血流が悪くなると、代謝が落ちむくみが悪化しやすくなります。そうなると動くのが億劫になりさらに血流が悪くなり…という悪循環をたどりがち。こまめなケアで日々足の疲れもむくみもリセットすることが大切です。でも忙しい毎日の中、レッグケアはついおろそかになってしまいがちという方も多いはず。

今回は、日々立ち仕事で足のむくみは職業病というキャビンアテンダント(CA)も仕事の合間にさりげなく実践する、時短レッグケア法をご紹介いたします。


日常生活のあらゆる場面でつま先立ち

image

CA流のレッグケアとは?

CAの王道ながらレッグケアといえば、かかとを上げて立つつま先立ち。機内では高い場所に収納棚がたくさんあります。CA達は収納棚に手を伸ばすたびに、さりげなく背伸びしてかかとの上下運動をしているのです。

これによりふくらはぎの筋肉が刺激され、筋トレ効果、血流促進効果が期待できます。ほっそり見えるCAでも、ふくらはぎの筋肉はくっきり浮き出ているということもよくある話。

お客様搭乗時、手荷物収納する際には数えきれないくらいこのかかとの上下運動をしているので、飛行機が出発する頃には寒い冬でも足先までポカポカになっています。

背伸びする機会なんてないという方は、オフィスや自宅で毎日使用するものをあえて高めの場所に収納しつま先立ちする機会を作り出すのも賢い方法。通勤電車で立っているときはつま先立ちをするなどルーティーンと結びつけ、かかとの上下運動を日々の生活に組み込んでしまいましょう。


ながら足裏刺激で足先までポカポカ

CAのフライトバッグによく入っているアイテムのひとつがゴルフボール。「一体何に使うの!?」と思われるかもしれないのですが、これがセルフマッサージに便利なのです。機内での休憩中やホテルでテレビを見ているときなどに、ゴルフボールで足裏をゴロゴロと刺激。長時間靴の中で締め付けられていた足裏が、すっきりリフレッシュします。

この時、土踏まずだけではなく足指やかかとまでくまなく刺激するのがポイント。10分も続ければ、足先からポカポカしてくるのが感じられるはずです。

自宅でテレビを見ている時や、デスクワーク中にもさりげなく取り入れられるのでおすすめです。


誰にも気づかれずむくみ解消ツボ押し

デスクワーク中ややカフェでお茶をしている時などに取り入れやすいのが、ながらツボ押し。足を組んでいる時は下の足の膝頭で、上の足のふくらはぎの裏側を刺激。ふくらはぎの裏側にはむくみ解消に効果的なツボが密集しているので、少しずつ場所を移動して気持ち良い部分を探してみてください。むくんでいる方は痛気持ち良いはずです。

image

脚を組んでいるように見せてふくらはぎのマッサージ



また、膝のお皿の内側の少し上にある「血海」というツボも、その名の通り血の巡りを良くする効果のあるツボ。手を膝の上に乗せてお行儀よく座っているふりをしながら、さりげなく刺激しやすいツボです。力が入りづらいときは、反対の手の親指で押すと力が入りやすいですよ。(写真では左手親指で右足の血海のツボを押しています)
自宅やオフィスではもちろん、移動中や飛行機の中でもおすすめです。

image

親指でさりげなく血海のツボ押し



お金も時間もかけず、日々の生活の中で賢くながら美容を取り入れるのがCA流。ぜひ毎日の生活に取り入れ、冬でもポカポカのほっそり足を手に入れてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。