四季香る日本の里山の恵み6種、クラフトジン[ROKU]

ザ・ジャパニーズ・クラフトジン[ROKU]

ザ・ジャパニーズ・クラフトジン[ROKU]

近年、欧米では「クラフトジン」がブームとなっている。いわゆる一般的なドライジンにまた独自の香味を加え、手間をかけた、これまでになかった新たな
個性を抱いたジンが登場してきている。
日本では7月4日にジャパニーズ・クラフトジン[ROKU](六/700ml・47%・¥4,000/希望小売価格・税別)が発売され人気を呼んでいる。
一般的にジンといえばドライジンを指す。製法をごく簡単に述べると、連続式蒸溜機で蒸溜したグレーンスピリッツに、西洋杜松(ねず)の実(ジュニパーベリー)の他、多彩なボタニカル(草根木皮)を加えて、さらに単式蒸溜器(ポットスチル)でゆっくりと再蒸溜して生まれるものだ。

八重桜

八重桜

ROKUのボタニカルは、まず本格的なドライジンをつくりあげる上で核となるベーシックなボタニカル、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、アンジェリカシード、カルダモンシード、シナモン、ビターオレンジピール、レモンピールの8種を使用する。
そしてさらに製品名[ROKU]の由縁である、日本の春夏秋冬、四季香る里山の恵み6種のボタニカルが加わっている。
春は八重桜、そして大島桜の葉の2種。夏は煎茶、玉露の茶の2種。秋は山椒の実。冬は柚子の皮。すべて旬の最も良い状態で収穫して製造している。

銅製とステンレス製の単式蒸溜器を使い分ける

桜葉

桜葉

四季香るクラフトジン[ROKU]の手間と時間をかけた製法にわたしはちょっと驚かされた。これぞクラフトジン、と納得した。
ブレンデッドウイスキーでいえばキーモルトといえるトラディッショナルなドライジンの製法はこうだ。ジュニパーベリーをグレーンスピリッツに浸漬した液を単式蒸溜器(銅製ポットスチル)で一次蒸溜する。その一次蒸溜液にコリアンダー以下のベーシックなボタニカルを浸漬。漬け込んだあとのその一次蒸溜液をさらに単式蒸溜器(銅製ポットスチル)で二次蒸溜してキーとなるドライジンができあがる。単式蒸溜器で2回蒸溜をおこなっているのだ。

煎茶

煎茶

そして日本の四季香る里山の恵み6種のボタニカルは旬に収穫したものをそれぞれスピリッツに浸漬し、浸漬液を蒸溜するのだ。とくに桜の花の季節は短い。一瞬ともいえる時、旬を逃さず収穫してスピリッツに浸漬する。
蒸溜器はボタニカルに合わせて何種類か使い分ける。大きくは銅製ポットスチルとステンレス製ポットスチルの2タイプ。銅製はモルトウイスキー蒸溜と同様、銅が触媒として働いてより複雑な香味成分を生みだす。反対にステンレス製の場合はすっきりと無垢なフレーバーを抽出できる。

玉露

玉露

6種のどのボタニカルにどんな蒸溜器を組み合わせるかは企業秘密で詳細はすべて明かされていないが、ここまで述べて勘のいい方ならば「だったら桜の花はステンレス製ポットスチルじゃないか」と。
そう、八重桜の繊細な甘く華やかなフローラルな感覚を抽出するにはステンレス製の蒸溜器なのである。柚子なんかはね、「深みのあるリッチな香味がほしいじゃん、だから銅製なんじゃない」ってことなのだ。それぞれの素材(ボタニカル)の最良の特長を抽出するために、最良の蒸溜方法をおこなっている。
山椒

山椒

ここまででいかに手間と時間がかかるかはおわかりいただけたことだろう。こうして抽出した6種の個性あふれる香味をスタンダードな8種のボタニカルからつくられたドライジンとブレンドする。
高度なブレンド技術により47%と高いアルコール度数ながら強い刺激はない。あくまでもしなやかで、その香味はスムースな切れ味とともに日本の四季が香る重層的な味わいである。じっくりと舌に浸潤させながら、お茶か柚子か山椒か、桜は、と香味を探り当てる楽しみがある。
柚子

柚子

近々にどんな飲み方がおすすめなのか、わたしがいろいろと試飲した感想を記事にするつもりだ。
『日本の四季香るクラフトジンROKU/おいしい飲み方』へ


関連記事

ボンドとマティーニと香水/カクテル8
新しいジンに、ウイスキーを当てて遊ぶ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。