ジェームズ・ボンドとマティーニ

フレミング89

新感覚マティーニ「フレミング89」

『007シリーズ』の著者イアン・フレミングのことを味覚音痴と評論する人もいるが、真面目に語るのは馬鹿げているとわたしは思う。作中でジェームズ・ボンドにマティーニのシェークを飲ませたりしているからだが、たしかに海外のバーのゆるゆるの氷でマティーニ・シェークなんてものを飲んでも、シャブシャブ味で旨い訳がない。
マティーニ・シェークのファンに大いに嫌われることを覚悟であえて言う。
ドラえもんはどら焼きが好物だが、『ザ・ドラえもんズ』に登場するロボット養成学校時代のドラえもんの親友たちで、アメリカのドラ・ザ・キッドはケチャップとマスタードをどら焼きにかける。中国の王(ワン)ドラはラー油と酢と醤油がどら焼きには必要だ。
ボンドのマティーニ・シェークもそういう発想であるとわたしは考える。冒険活劇の世界である。ボンドのダンディズムを語る上でのアナザー・アングルであり、こいつは普通の男とはちょっと違うぜ、という感覚で捉えればよいのではないか。

フローリスNo.89

「フローリスNo.89」¥10,500(100ml)

実はイアン・フレミング、ロンドンのデュークスホテルのバーのステアしないマティーニから着想を得ている。デュークス・マティーニはかつてサンデー・タイムズ紙が「世界一のマティーニ」と評したことがあり、ファンが多い。
このことに関しては、サントリーのリキュール&カクテルのホームページで連載している『オンドリのしっぽ 第10回ボンドとデュークス・バー/ビーフィーター ジン』(2012年1月末掲載)で述べているので、そちらをお読みいただきたい。
現在デュークス・バーで人気のマティーニのひとつに、チーフバーテンダーのアレッサンドロ・パラッツィ氏が考案した『007』ゆかりの新感覚マティーニがある。ウオツカをベースにした「Fleming89」である。

アレッサンドロ・パラッツィ氏、GW来日

礼状

フローリスがイアン・フレミングに宛てた礼状

Flemingはイアン・フレミングのこと。では89とは何か。これは前回の記事でイタリアのリキュール、ディサローノ・アマレットをイメージした香水を紹介しているが、そのフローリスのオードトワレ『FLORIS No.89』のことである。
そう、『007』作中で、ジェームズ・ボンドが愛するトワレとして登場する。
アレッサンドロ・パラッツィ氏はこのNo.89の香りからインスピレーションを得て、新感覚マティーニ「Fleming89」を創作した。
これももちろんステアなどしない。冷凍庫でキンキンに冷やしたウオツカを使い、まあいろいろ入る。クリスタライズされた薔薇(ピカデリーの高級食材店フォトナム&メイソンで売っている色調にチェリーを使った花弁の砂糖漬けみたいなもの)やチョコレートビターを垂らしたりするのが印象的だ。
時間が経つにつれて香りが増していく面白味があるが、味わいは甘いからアルコールに強い女性向けといえる。ちなみに19ポンド。

フローリス本店

ジャーミンSt.89番地、フローリス本店

詳しいレシピが知りたければ、アレッサンドロが近々来日して、5月5日、6日開催のTokyo Bar Show(ウイスキー・ライブ2012と併催/東京・六本木 東京ミッドタウンにて)に登場する。そこで披露されると思う。是非出かけていただきたい。
ロンドンまで行ける人はリッツの裏手の閑静な場所にデュークスホテルはある。しかもホテルと同じセント・ジェームズ地区にフローリス本店(ジャーミンSt.89番地)があるのでどちらも訪ねるといい。
デュークス・バーのカクテル・サービスはとても美しい。惚れ惚れとする。出かける価値はある。フローリス本店は英国の歴史的文化遺産だから、ここの店内を覗くのもいい。
ちなみに『FLORIS No.89』はチャールズ皇太子もご愛用のトワレである。

関連記事

オンドリのしっぽ「第10回ボンドとデュークス・バー ビーフィーター ジン」
オンドリのしっぽ「第3回切ない恋の伝説 ディサローノ・アマレット」
ディサローノと香水の話/カクテル7
セント・アンドリュース/カクテル6
ラスティ・ネール/カクテル5
マティーニとチャーチル/カクテル4
マンハッタン/カクテル3
マンハッタン/カクテル2
マンハッタン/カクテル1
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。