火を使わずに簡単!ごま香るくずし豆腐丼

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

くずした豆腐にごま油が香る、ヘルシーな豆腐丼

夏のうだるような暑さの中では、火を使った調理が本当につらいですよね。そこで火を使わずに栄養バランスのよい丼を作ってみてはいかがでしょうか?

材料は木綿豆腐・ザーサイ・ハム・ねぎ・梅干し。味付けはごま油と塩です。やわやわに崩れた豆腐に、ザーサイのコリコリとした歯ごたえと風味、ハムの塩気、ネギのシャキシャキとした香味、梅干しがガツンとしたアクセントとなっています。なんだか不思議な組み合わせではありますが、豆腐にごま油の風味と塩気がついて、白いご飯がモリモリと進みますよ!

くずし豆腐丼の材料(2人分

くずし豆腐丼
木綿豆腐 1丁(300g)
ザーサイ 瓶に入った切れた状態のものを10~15枚
ハム 2枚
ねぎ 1/4本
白ごま 大さじ1
小さじ1/4~1/3
梅干 2個
青じそ 4枚
ご飯 丼2杯

くずし豆腐丼の作り方・手順

くずし豆腐丼

1:材料の下ごしらえをする

材料の下ごしらえをする
豆腐をキッチンペーパーの上に置き、軽く水を切ります。ザーサイとハムは細切りに、ねぎはみじん切りに、梅干しは果肉を細かく叩いておきます。

2:材料を混ぜる

材料を混ぜる
ボウルに豆腐を崩し入れ、ザーサイ・ハム・葱・白ごま・ゴマ油・塩・梅干し(お好みで)を加え、全体が行き渡るように軽く混ぜ合わせます。

3:盛り付ける

盛り付ける
丼の白いご飯を盛り付け、青じそを乗せた上にくずし豆腐を乗せて、できあがりです。お好みで醤油をかけていただきます。 青じそは1枚を乗せていますが、刻んでおくと食べやすいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。