老けて見える原因は……くすみとたるみ!

最近なぜか年上に見られがち…これって老け肌!?

最近なぜか年上に見られがち…これって老け肌!?

20代前半には感じなかったのに、後半になると差が出てくる“若く見える肌”と“老けて見える肌”。そもそも人はどこを見て「肌が若い」と判断するのでしょうか? 大きく分けると原因はくすみとたるみだと考えています。

実はシミやシワはパッと見た時の判断材料としては、そこまで影響してきません。人と人が接する距離は約1メートル。この距離だとシミやシワや毛穴などの細かいトラブルよりも、顔全体の印象を左右するくすみとたるみが決め手となってきます。


ピーリングでくすみを改善して透明感をUP

乾燥してキメが粗くくすんだ肌は老け肌の原因

乾燥してキメが粗くくすんだ肌は老け肌の原因

まずはくすみから見ていきましょう。潤いや透明感や明るさがなく、肌が黒っぽく見えるのがくすみの症状です。シミなどと違い、くすみは漠然としているため自分では気づきにくいかもしれませんね。

チェック方法としては、ノーメイクの時とファンデーションを塗った時で肌の色つやが変わったらくすんでいる可能性大です。肌に透明感がある人は、ファンデーションを塗ると毛穴などは隠れますが、肌自体の透明感は変わりません。

くすんでしまった肌には、まずピーリングコスメでくすみの原因となる余分な角質を優しくオフをしてあげることが大切です。ピーリングというと、ピリピリして肌が赤くなると想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、ピーリング成分が配合されている拭き取りタイプではない角質柔軟化粧水や美容液などを選べば安心。

無理に肌表面をはがさずに角質層に働きかけ、肌本来の働きを取り戻すことができます。ヒアルロン酸・コラーゲンなどが生成されやすくなり、くすみだけでなくシミやニキビ、小じわなどのさまざまなお悩みが改善する効果も期待できます。


注目の「ケイ素」配合コスメでたっぷり保湿

話題のケイ素スキンケアに注目!

話題のケイ素スキンケアに注目!


ピーリングで不要な角質がなくなった肌は、保湿成分が浸透しやすい状態に。くすみ対策には、ピーリングとセットで透明感をアップさせる保湿もしっかりと行っていきましょう。

保湿効果の高いものとして定番なのが「セラミド」ですが、1年ほど前から注目されているのが「ケイ素」。私のクリニックでもマスコミからの取材が多く、注目度の高さが伺われます。ケイ素とは地球の地殻に溶け込んでいる万能なミネラルで、医療先進国ドイツでのサプリメント売上NO.1というくらい効果と人気があります。

サプリメントとして服用するほか、ケイ素にはヒアルロン酸の2倍ともいわれる保湿力があると言われ、最近ではケイ素配合のコスメも数多く出てきました。クリニックでもケイ素ウォーター(ケイ素配合化粧水)を販売していますが、とても評判が良い製品です。しかし、まだまだ日常的に手にする機会が少ないかもしれません。

そんな時は、ケイ素の原液を購入すればOK! いつも使っている化粧水や乳液に混ぜるだけでケイ素入りコスメを簡単に作ることができます。5%程度の濃度になるよう添加してみてください。私も日々ケイ素コスメを使っていますが、抜群の保湿力でおすすめです。


紫外線を防御してたるみを進行させない!

紫外線対策は万全に

紫外線対策は万全に

もう一つの老けて見える原因としてたるみが挙げられます。目の下やマリオネットライン、輪郭のもたつきなどたるみによって影ができると一気に老けた印象に。たるみを作る原因として、加齢による皮膚の機能低下や筋肉の衰え以外に、外的要因である紫外線による影響がとても大きいのをご存じですか?

たるみだけではなくくすみなど肌の老化スピードを決める最大の要因は、紫外線を浴びた総量とも言われています。紫外線を浴びれば浴びるほど、皮膚のDNAにダメージがたまっていき、今は問題がないように思える肌にも10年後、20年後には確実にダメージが現れます。アンチエイジングスキンケアの基本中の基本は、しっかり紫外線を防御すること。未来の肌のために、季節を問わず日焼け止めを塗るようにしましょう。


くすみとたるみに効く!クリニックメニュー

ホームケアでは限界があるくすみやたるみケアも、クリニックメニューなら確実な効果を得ることができます。コンプレックスになってしまう前に、一度カウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

<くすみに効果的なケミカルピーリング>
グリコール酸、乳酸、サリチル酸のケミカルピーリング酸性の薬品をお肌に合わせてチョイス。くすみ以外にもニキビ、シミに効果が期待できます。

※参考価格:ガイドが院長をつとめる渋谷スキンクリニックでは、フェイシャル1回約2万円です。(以下、同じ)

<軽度のたるみにFGF注入>
人体で作られるたんぱく質の一種であるFGF「Fibroblast Growth Factor(線維芽細胞増殖因子)」を下まぶたのたるみや首のシワに注入し、新たなコラーゲン線維を作ります。
※参考価格:ほうれい線のシワ1回5万円弱

<マシンで引き締めてたるみ改善 ウルティマ>
キャビテーションと高周波RFの組み合わせでリフトアップと引き締め効果が得られます。痛みなく1回でも効果を実感できるので人気のメニューです。
※参考価格:渋谷スキンクリニックでは、トライアル価格1回37,800円(通常46,440円)

<切らないフェイスリフト スレッドリフト>
細長いハリを使って、皮下の筋膜直上に細い糸を挿入。挿入した糸に反応してコラーゲン生成が活発化し、リフトアップやハリ感が出ます。
※参考価格:フェイスライン(16本前後)7万円弱


アンチエイジング関連記事