PR
ウイスキー&バー/ウイスキー雑学・業界情報

ダン・トゥーリオが語るアルバータウイスキーの魅力

ビームサントリー社グローバルアンバサダー、ダン・トゥーリオ氏が5月に来日した。彼から、アルバータウイスキーの魅力、カナディアンウイスキーの魅力を聞くことができたのでお伝えする。

協力:サントリー
達磨 信

執筆者:達磨 信

ウイスキー&バーガイド

PR

カナダ以外では日本だけの販売

ダン・トゥーリオ氏

ダン・トゥーリオ氏

この5月にカナディアンシングルライウイスキー「アルバータプレミアム」とカナディアンブレンデッドウイスキー「アルバータダークバッチ」が発売された。それぞれの製品詳細はすでに記事(関連記事参照)にしているので、今回は先月来日したビームサントリー社グローバルアンバサダーのダン・トゥーリオ氏を紹介しながら、記事では語ることができなかった内容を補足しようと思う。

ダン・トゥーリオ氏は「カナディアンクラブ(C.C.)」と「アルバータ」のふたつのブランド、カナディアンウイスキーの語り部である。
その彼からいろいろ話を聞き出した中で読者の皆さんに最初にお伝えしておかなければならないのは、ジム・マーレイが“カナダの至宝”とまで賞賛する「アルバータプレミアム」は、本国カナダ以外では日本でしか発売されていないということだ。
「アルバータプレミアム」はカナダ国内では極めてよく知られたメジャーブランドであるが、隣国アメリカにも輸出されていない。日本人はとても幸せである。
これはアルバータ蒸溜所が長年、穀物原料100%ライ麦使用のライウイスキーメーカーとして、多くの他メーカーに原酒を供給してきたことに起因している。現在、原酒生産量の70%を他社に供給している。
一方、ブレンデッドである「アルバータダークバッチ」のマーケティングはまったく異なる。記事にも述べているが、2012年に発売され、アメリカでは2014年から販売された。その独自のブレンドからアメリカではクラフト・カナディアンウイスキーとして受け入れられ、売り上げを伸ばしつづけている。
ストレートやロックで味わうだけでなく、多くのアメリカのバーテンダーがオールドファッションドやミントジュレップ、サザラックカクテルなどのベースに使用しているらしい。

カルガリーを愛するプレーリー・ボーイズ

東京でのアルバータ・セミナー

東京でのアルバータ・セミナー

もうひとつ、トゥーリオ氏の話の中で面白かった表現をお伝えしよう。アルバータ蒸溜所の創業者4人を“プレーリー・ボーイズ”と彼は呼んだ。
「アルバータプレミアム」の記事中でも述べたが、蒸溜所はカナダの西部、アメリカのモンタナ州と国境を接するアルバータ州カルガリー近郊にある。カナディアンロッキー山麓東側の高原台地で、標高1,048メートルの高所。周辺は北米大陸中央を南北に伸びるプレーリー(温帯草原地帯)と呼ばれる平原が広がっている。可愛いらしいプレーリー・ドッグが生息する地である。
蒸溜所を創設したのは、石油・天然ガス事業で成功した実業家、新聞社社主、そしてビール会社を興したドイツ系移民の子孫で自ら蒸溜所を経営していたふたりの兄弟という4人のカルガリー男たち。彼らは愛する故郷が誇る自然風土の恵みから、故郷が誇れるウイスキーをつくろうとしたのだった。その彼らをトゥーリオ氏は“プレーリー・ボーイズ”と表現した。
プレーリー・ボーイズのひとり石油・天然ガス事業で成功した実業家の名は、フランク・マクマホン。彼は化学者であり、仕込みにおいて粘性が強く扱いにくいライ麦を研究し、独自の糖化酵素(特許取得)や酵母を開発した。これが北米で最大級のライウイスキー蒸溜所へと導く大きな要因となった、とトゥーリオ氏は教えてくれた。

トゥーリオ氏は生まれも育ちもカナダ・オンタリオ州ウィンザー。つまり「カナディアンクラブ」の町でずっと暮らしてきた。奥さんは高校の同級生。生粋のウィンザー子で、6歳くらいでアイスホッケーをはじめ、50年以上もクラブチームでプレーしつづけている。もちろん現役プレーヤーだ。
「ウィンザーは、教会の数よりもスケートリンクの数のほうが多いんです。だからほとんどの人が小さな頃からスケート靴を履いて氷の上で遊んでいる」
そんな話をしてくれるトゥーリオ氏はカナダ東部のカナディアンクラブと西部のアルバータを見守りつづけてきた。何よりもカナディアンウイスキーを愛している。彼は最後に、カナディアンウイスキーの良さをこう語ってくれた。
「カナディアンウイスキーは身構えて、静かにじっくりと味わうウイスキーではない。楽しいウイスキー、明るいウイスキーです。気軽に楽しんでいただきたい。ソーダ水やジュースで割ったり、スタンダードなカクテルに活用したり、アウトドアで仲間と陽気に味わったりするのもいいでしょう。世界に向けて、楽しく、若々しいウイスキーだとわたしは伝えつづけています」
まずは「アルバータプレミアム」を試していただきたい。ライウイスキーの洗練を知ることだろう。そして楽しく飲んでいただきたい。

関連記事

アルバータダークバッチ/大胆ブレンド5・17新発売
アルバータプレミアム/カナダの至宝5・17新発売
カナディアンクラブ/C.C.おすすめの飲み方
カナディアンクラブ/フレーバリング原酒のつくり分け
カナディアンクラブ/軽快なリフレッシュウイスキー
ライウイスキーはアメリカンウイスキーの原点
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。

あわせて読みたい

All About注目リンク

PR

ウイスキー&バー 人気記事ランキング

2024/02/25 更新
ランキング一覧
  1. 1ウイスキー・ソーダとハイボールの違い
  2. 2角瓶とともにおすすめの美味しいウイスキー
  3. 3ウイスキー「碧Ao」&「知多」ハーフボトル発売
  4. 4山崎LIMITED EDITION 2021評価
  5. 5ハイボールって、なんだ?
協力:サントリー

カテゴリー一覧

All Aboutサービス・メディア

All About公式SNS
日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
公式SNS一覧
© All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます