韓国の家庭料理!ゴーヤーの肉詰め焼き(ジョン)

所要時間:20分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物チヂミ

 

韓国料理!ゴーヤーの肉詰め焼き(ジョン)

韓国では旧正月や法事のときなどに必ずといっていいほど登場するのが、ジョン。
野菜や肉、魚介類に小麦粉と卵を薄く絡めて焼いた料理です。ジョンといってもさまざまな種類がありますが、どの料理も素材の旨味を衣がぎゅっと閉じ込めているのは共通するところ。簡単に作れるうえに満足度は十分です。

夏の代表的な野菜、ゴーヤー(にがうり)を使ったジョンをご紹介します。輪切りにし、衣をつけて焼いただけのゴーヤーもおすすめしたいところですが、今回は食べ応えを補うべく、ひき肉餡を詰めて仕上げます。
おいしさはもちろん、ボリュームも満点。おもてなし料理としても最適ですよ。

韓国料理!ゴーヤーの肉詰め焼きの材料(2人分

韓国料理!ゴーヤーの肉詰め焼き(ジョン)
ゴーヤ 1本
適量 (とき卵)
薄力粉 適量
ごま油 適量
ひき肉餡
合いびき肉 100g
木綿豆腐 50g
ねぎ 3cmほど (みじん切り)
ニンニク 1/2片 (すりおろし)
醤油 小さじ1
ごま油 小さじ1
片栗粉 小さじ1
きび砂糖 少々
少々
こしょう 少々
白ごま 適宜

韓国料理!ゴーヤーの肉詰め焼きの作り方・手順

韓国の家庭料理!ゴーヤーの肉詰め焼き(ジョン)

1:

ひき肉餡の材料をボウルに入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
キムチのみじん切りを入れても美味しい。その際は醤油や塩を控えめにしてください。

2:

ゴーヤは1cm~1.5cm厚さに切り、種をワタをとる。 ゴーヤの苦味が気になるかたは、輪切りにし種やワタをとった後に塩水につけ、水気をしっかり切ってください。

3:

ゴーヤにひき肉餡を詰め、薄力粉、卵の順に薄くつける。

4:

ごま油を熱したフライパンで両面を焼く。焼く時間の目安は5~6分。器に盛り、お好みでタレをつけて食べる。

【タレ】醤油大さじ1、酢大さじ1、粉唐辛子適量、ごま油適量


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。