メイクでごまかせない首のシワに年齢が出ます

キレイなネックラインでアンチエイジング!

キレイなネックラインでアンチエイジング!

首を見ると、ある程度その人の年齢が分かるといわれています。とくに、化粧ではごまかせない「シワ」は、老けて見える原因です。実際に、シワによって実際よりも年齢が上に見られてしまうことが多いようです。

そこで今回は、首のシワの原因や自宅でできる簡単な解消法を紹介したいと思います。

まずは、老化以外の首のシワやタルミの原因について解説していきます。

【首のシワの原因1】枕が高すぎる

枕が高すぎると首の前側が縮まり、シワができやすくなります。
首のシワ対策に限らず、快眠のためにも、正しい枕を一度専門店で診てもらうのもよいでしょう。

【首のシワの原因2】紫外線によるダメージ

顔はしっかり紫外線対策をしているのに、首までケアがまわらない人が多いようです。無防備に紫外線を浴びてしまうと活性酸素が増え、乾燥や老化を加速させ、首にシワをつくります。

【首のシワの原因3】姿勢が悪い

下を向いて携帯を長時間使う、悪い姿勢でのデスクワークが続くなど、猫背・ストレートネックは首のシワの原因となります。


マッサージやストレッチも効果的!

耳の下から鎖骨に浮き上がる筋が「胸鎖乳突筋」。首のケアには、マッサージやストレッチも効果的です。

【首のシワの解消法1】正しい姿勢を意識する

まずは、普段の姿勢を意識するだけでも、首のシワ対策に効果的です。

頭の重さは成人で平均5kgといわれているので、その重い頭を首だけで支えようとせず、天井からつむじが糸で引っ張られている&頭が軽くなったような意識でスっと立つ、歩くなどを習慣化しましょう。


【首のシワの解消法2】乾燥対策で首のスキンケア

乾燥によって代謝が滞ってしまわないよう、週1ぐらいのペースでスクラブケアを行いましょう。顔と同様に、やさしくマッサージするように行うことがポイントです。スクラブケアの後は、顔に使う保湿アイテムを首にも塗り、しっかり保湿することが大事です。

また、スペシャルケアとして、首パックもオススメです。お風呂上がりなど首が清潔な状態の時に保湿クリームや美容液を首に塗り、その後は首の周りを暖めたタオルで巻いて10~15分ほどそのままパックします。最後はタオルでそのまま首をふき取り、さらに乾燥を防ぐために保湿クリームを塗りましょう。


【首のシワの解消法3】首のマッサージ

肩こり、首こり、悪い姿勢などにより血液とリンパの流れが滞ることも、シワの原因となるので、顔のスキンケアのついでに、首もマッサージすると良いでしょう。クリームや美容液で手の滑りが良くなっていれば、肌への摩擦も軽減されます。

【マッサージのやり方】
顔を横に向けたとき、耳の下から鎖骨中央に向かって斜めに出る首の筋「胸鎖乳突筋」を、人差指と中指の先端(指先)のほうで軽く挟み、両手を交互に上から下へ滑らすように移動させながらマッサージします。左右それぞれ5回程度行いましょう。


【首のシワの解消法4】首のストレッチ

マッサージと同様で、血流やリンパの流れを良くするためにはストレッチを取り入れるのも効果的です。

【ストレッチのやり方】
肩は動かさないように安定したままで、頭を左右、斜め上45度の左右、斜め下45度の左右に動かして、首を伸ばします。ゆっくり呼吸に合わせて動かすのがポイントです。


自分では鏡越しで見ない限り見ることがない首のシワですが、他人からは案外見られているものです。顔と同じように首のケアも忘れず行い、乾燥&老化対策をしっかり行いましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。