スローエイジングサプリ

食事

抗酸化も抗糖化も、食事の工夫が大切です

最近注目が集まっている「卵子の老化」。これは、卵子の基になる卵母細胞の遺伝子が傷つけられることで進んでいきます。遺伝子が傷つくのは、誰の体の中でも起こる「酸化」が原因です。酸化に対抗する「抗酸化」はスローエイジング(アンチエイジング)の常識になっていますが、実は、子宝を望む不妊治療の現場でも常識になりつつあるのです。

抗酸化は、卵子にとって2つの効果をもたらしてくれます。1つは、卵巣機能(ホルモン分泌・卵子)の維持・改善、もう1つは卵巣に保存してある卵母細胞の鮮度維持です。ですから、「将来に備えて」という人にも、体内で質の良い卵子を長期保存するためにおすすめです。

酸化に対抗するには、紫外線やタバコ、精神的なストレスなど活性酸素発生の原因となることを避けること。そして、色鮮やかな旬の野菜や果物をしっかり食べることです。これにプラスしてサプリメントとしておすすめの栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛などの抗酸化ビタミン抗酸化ミネラルそして、コエンザイムQ10です。また、まだ十分な試験は行われていませんが、アスタキサンチンやレスベラトロール、ピクノジェノールといった、抗酸化能力の高いポリフェノール、フィトケミカル類でも効果が期待できるかもしれません。


それに加えて、最近、もう1つの老化の原因として注目が集まっている「糖化(グリケーション)」にも気をつけた方が良さそうです。糖化については記事「糖化を防いで一石二鳥?ダイエット+美肌を狙え!」で仕組みや対策を紹介していますが、生殖の分野でも、糖化によって卵子の質が悪化するのではないかという報告が出てきています。研究が進むのはまだこれからですが、研究結果を待っていると糖化も進んでしまいますから、ムダにならない範囲で糖化を抑える抗糖化に取り組んでみましょう。


今回は著書「男と女の子宝サプリ」の内容を抜粋してご紹介しました。本では、「サプリメント選びのポイント」や「妊娠中はやめた方がいいサプリ」、「私が実践した妊活サプリ」なども紹介しています。
二人で一緒に取り組める妊活サプリで、赤ちゃんがやってきやすい体を作りましょう。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。