美肌&理想の体型へ! お得な抗糖化ダイエット 

きれいヤセ

目指したいのは、きれいヤセ!

最近色々なところで目にするようになった「糖化」という言葉。「ダイエットとは関係ないわ」なんて甘く見ていませんか? 糖化の進み具合と体重は、直接関係あるわけではありません。でも、糖化を予防するための対策は、ダイエットと共通する部分がとても多いのです。つまり、ダイエットしながら美肌を作ったりアンチエイジングできるという、一石二鳥のうれしい「きれいヤセ計画」が立てられるのです!

まずは糖化の仕組みと対策をしっかり知って、きれいヤセを実現しましょう!

 

糖化=老化の原因!? 

肌の老化

酸化対策はばっちりでも、糖化対策ができていないと…

「体の酸化」「抗酸化」は、アンチエイジングの常識としてよく知られていますよね。体の酸化は「カラダがサビる」と例えられたりするように、酸素(活性酸素)によってダメージを受ける現象です。酸化が進むと、お肌の弾力が失われる・シミやくすみなど、身体の老化が進んでしまいます。

では、糖化はどういうことが起きているのでしょう? 糖化(グリケーション)は、カラダの中の糖がタンパク質と結びつく反応です。酸化が「カラダがサビる」と例えられるのに対し、糖化は「カラダがコゲる」と例えられます。糖が結び付くことで、タンパク質がかたくなり、本来の働きができなくなってしまうのです。

これによって起こる現象には色々なものがあります。例えば、コラーゲンで支えられているお肌の弾力が失われ、しわが増えたり、キメが粗くくすんだ状態になってしまいます。他にも、骨や血管がもろくなる・視力が低下するなど、一般的に「老化現象」と言われているものの多くに糖化が関係しているのです。そのため、糖化も老化を進める要因の一つと言われるようになったのです。

この糖化のカギを握っているのが、「血糖値」。血糖値と言えば糖尿病というイメージが強いかもしれませんが、血糖値は脂肪蓄積の命令を出すスイッチでもあるのです。つまり、スタイルキープのためにも、アンチエイジングのためにも、血糖値をコントロールすることが大切なのです。


糖化のしくみ 

トースト

一度起こった糖化は、元に戻せません

糖化反応(グリケーション)と聞いても耳慣れないかもしれませんが、ジューッと焼かれたお肉やトーストのキツネ色はメイラード反応と呼ばれ、食べ物の美味しさをUPさせる大事な要素になっています。実は、これが加熱によって短時間で起こった糖化なのです。この糖化反応、ゆっくりだけれど常温でも進みます。そのため、私たちの体の中でも毎日少しずつ起こってしまうのです。

糖化したタンパク質が代謝され、最終的にAGEs(advanced glycation endprpducts)という黄~茶色の物質になります。このAGEsは排泄されることなく体の中に溜まってゆきます。それによって、お肌が弾力性を失い固くなったり、様々な病気の原因になることがわかってきています。こんな成分、体に溜めたくはありませんよね!

これまでの研究で、糖化反応が進むルートは、身体の中に何種類も存在していることがわかっています。つまり、抜け道がいっぱいあり過ぎて、一つの道をふさいだだけでは効果が薄いのです。そのため、糖化を予防するためには、「糖化の材料となる糖を少なくする」か、「糖化のルートを複数同時にブロックする」ということがポイントになってくるのです。

次のページから、糖化予防とスタイルキープを両立するための食習慣とサプリメントを紹介します。