妊活サプリの注意点

妊婦

妊活には「妊娠中に使っても安全なもの」を選びます

「赤ちゃんを授かるために……、赤ちゃんの健康のために……」と色々なサプリメントがありますが、「日々の食事を大切に、サプリメントはバランス良く、安全な範囲で利用する」というのが基本です。

サプリメントの成分は、妊婦にとって安全かどうかわかっていない成分がほとんどです。ですから、妊娠を目指す時期のサプリメント選びは、「安全だとわかっている成分以外に手を出さない」が鉄則です。また、安全とされる成分でも、「どれくらいの量まで安全か?」を実験することはできません。
そのため、自分なりの判断基準(メーカーの信頼性、栄養素の量、添加物の内容や量など)を持って慎重に製品を選ぶことが大切になるのです。

基本の葉酸と貧血解消

葉酸の必要性については、既に多くの女性が知っていることだと思います(本の中でも詳しく紹介しています)。ただ、実際には「妊娠に気付いてからサプリメントを買いに行く」という利用開始が遅すぎる妊婦さんが多いのが現状です。一番葉酸の重要度が高いのは「妊娠が判明する前」なので、妊娠を予定している時点で準備が必要なのです。

次に、不妊治療に通う女性に多いのが「貧血」だそうです。不妊治療が必要となる可能性を低くしたり、妊娠中に大量に必要になる鉄分を貯めておくためにも、貧血気味の人は貧血改善を目指しましょう。
血液検査で「貧血」と言われたことのある人は自覚があるかもしれませんが、意外と多いのが、自覚がないままに進んでいる「隠れ貧血」や、症状から自分で判断している「自己判断貧血」もあるので、注意しましょう。
貧血の診断や鉄サプリとの上手な付き合い方は、記事「鉄サプリでダメージ?上手な鉄サプリ選びの秘訣」で紹介しています。

続いて、妊活中も使えるホルモンバランスサポートサプリとは?