葉酸は妊娠前からの摂取を

葉酸

妊娠前から葉酸摂取を

葉酸は、DNA合成、赤血球の形成に必要なビタミンB群の一種の水溶性ビタミンのひとつで、妊娠中の胎児の発育には欠かせない栄養素です。

2000年12月、旧厚生省は「妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性のある女性は妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まで、通常の食事摂取に加えて、葉酸400マイクログラム(0.4mg)を栄養補助食品(サプリメント)等から毎日摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクを集団として低減することが期待できる旨情報提供すること」との通達を出しました。注意点として、1日1000マイクログラム(1mg)をこえないこと、他のビタミンも摂取し、バランスよい食事が必要であり、さらには禁煙、禁酒が不可欠であることが申し添えられています。

中枢神経系の元である神経管は通常は妊娠6週までに閉鎖します。ところが、この神経管が閉鎖せず神経ヒダがむき出しになってしまうことがあるのです。これが神経管閉鎖障害で、無脳症・二分脊椎・脳瘤などの胎児先天異常をきたします。

日本産婦人科医会先天異常モニタリングによれば、わが国での2006 年度の神経管閉鎖障害の出生頻度(妊娠22 週以降の出生1万あたり)は、無脳症1.55、二分脊椎5.05、脳瘤0.39でした。換算すると、日本全国で年間およそ500~700人の神経管閉鎖障害の赤ちゃんが出生していることになります。この頻度(出生1万あたり5~6人)は2015年現在、あまり変化なく推移していると考えられています。

しかも、神経管閉鎖障害の多くのケースは、超音波検査で診断され、人工妊娠中絶となっているので、実際の頻度はもう少し高いと推定されます。

葉酸摂取が進まない現実

妊娠の診断を受けてからでは間に合わない
現在葉酸の重要性を知識として持っている妊娠女性は約半数に達していますが、妊娠前からサプリメントとして摂取している女性は10%に満たないとも言われています。ところが、病産院で妊娠の診断を受けてから葉酸摂取を開始しても、神経管閉鎖のプロセスはほぼ完了しているので、そこではもう間に合わないのです。そのような問題を解決するため、多くの国(約60カ国)では、意識せずに葉酸が摂取できる取り組みとして、主食となる穀物に葉酸の添付が義務づけられているほどです。

葉酸サプリメントを摂取するリアリティーは?
それではなぜ半数の女性は葉酸のことを知っていても、サプリメントを服用しないのでしょうか。ひつとは、日本にはサプリメントを使用する習慣がなかったこと。サプリメントも薬に近い感覚があり、使用することで、妊娠や胎児に何らかの悪影響があるのではという漠然とした不安が強いのだと思います。その他、神経管閉鎖障害という病気が一般的でないこともあるでしょう。

さらに、葉酸のサプリメントを購入し、妊娠前から推奨される0.4mgを毎日きちんと飲んだとしても、すべて防げるわけではなく、3~4割のリスクが減少するにすぎません。つまり、1万出生で約6人が産まれるところが、約4人になるということです。1万出生で2人の神経管閉鎖障害が予防できる。もし、これだけがメリットだとするなら、情報提供をされたとしても、わざわざ妊娠する前から、サプリメントを購入して葉酸を飲もうというリアリティはなかなか生まれてこないかもしれません。