7月~8月生まれの赤ちゃんが多い!

赤ちゃん
秋に妊娠スタートが多い事実の背景にあるものは……
10月~12月におめでたになる人も多いって知っていますか? 総務省統計局のホームページによると、明治33年から平成12年までの月別出生数のデータがあり、5年ごとに月別の出生数が記録されています。

データを見ると、明治33年から昭和40年までは圧倒的に1~3月生まれがベスト3を占めています。明治33年から昭和50年までの16回の統計のうち13回、1月生まれがベスト1となっています。

一方、昭和45年から7月生まれがベスト3に入るようになり、昭和55年~平成12年までの5回の統計のうち7月生まれは4回ベスト1。残りの1回もベスト3に入っています。全体として見ると、昭和40年頃までは圧倒的に1~3月の真冬生まれの赤ちゃんが多かったのですが、昭和50年ころから7月~8月の生まれの赤ちゃんが増え始めます。

7月~8月生まれの赤ちゃんということはいのちの始まりは、10~11月に多いということなんですね。晩秋はいのちを授かりやすい何かがあるのでしょうか?

昔と現在のライフスタイルの違いが原因?

栄養状態が変わったとはいえ、今も昔も命を授かる方法や女性の身体の仕組みに変化はありません。このような違いから何を見出すことができるでしょう?

昭和40年頃となると経済も安定し豊かになった頃ですね。ここを境に月別出生数の特徴が変わり始めます。昭和40年以前の1~3月生まれの赤ちゃんは、4~6月に授かった赤ちゃんです。妊娠する時は身体のエネルギーが高まっている時や気持ちが緩んでいる時など様々です。

あくまで仮説ですが、昔は厳しい冬を越えることはいのちの厳しさであったのではないでしょうか。風邪も引きやすく、今より食料の確保もなども気をつけていたでしょう。そんな厳しい冬を無事に越えた春先に気持ちが緩み、授かった人が多かったような気がします。

昭和40年以降は経済水準も上がり、一部地域を除けば厳しい冬を過ごすことはそんなに難しいことではなくなりました。お仕事をされていたり、子育て中であれば春から新年度に入り落ち着かない気持ちで過ごす方は多いでしょう。現代社会では花粉症の方も多く、春はうららかな気候ですが日本人は緊張状態が多いように見受けます。

10月~12月となるとどのようにお過ごしでしょうか? さわやかな気候を味わったり、年末から年始のイベントに向けてわくわくした気持ちの方も多いのではないでしょうか? 春先に比べても職場の新体制にも慣れて1年のうちで余裕がある時かもしれませんね。

あなたの得意な季節はいつ?

かくいう私は5人の子どものうち、4人が11月・12月生まれ。夏生まれは一人だけです。

私自身は夏よりも冬が元気! 1年のうちで最もエネルギーが高まっている時なんですね。私のクラスに来ていた花粉症の方は、春に授からず秋に授かる方が多かったです。1年の四季の中で波があるのですね。あなたの心身が得意な季節を思う存分に楽しみ、活き活き過ごすことが妊娠の第一歩と言い換えられそうです。

11月にも入ると急に冬の気配が迫り少し物淋しくもなりますが、温かい食事を取って食卓が楽しくなる時期。また12月になればクリスマスなどの行事もあり家庭的なイベントで盛り上がる時期でしょう。

この季節が楽しい!ということでしたら、妊娠準備中の方は毎日の食卓を見直し、パートナーと家庭的な雰囲気を楽しんで気持ち緩やかに過ごしてみてください! 仲むつまじい二人の様子を見て赤ちゃんがやってくるかもしれません!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。