妊娠経験があるのにその後、妊娠しない「2人目不妊」の原因は?

2人目不妊/続発性不妊

妊娠経験があるのにもかかわらずその後妊娠しない場合を「続発性不妊」いわゆる2人目不妊という

日本産科婦人科学会編集の産科婦人科用語集では不妊症を、「生殖年令の男女が妊娠を希望し、ある期間避妊事すること無く性交渉をおこなっているのにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合を不妊といい、妊娠を希望し医学的治療を必要とする場合」と定義づけています。

「ある期間」をどのくらいに定めるかは、定義によって多少異なりますが、国際的な定義とすり合わせて「1年間」とする場合が多いでしょう。

不妊の分類は、女性に原因がある場合を女性不妊、男性が原因の場合を男性不妊としています。女性不妊のうち、一度も妊娠しない場合を「原発性不妊」妊娠経験があるのにもかかわらずその後妊娠しない場合を「続発性不妊」と分類しています。この「続発性不妊」が、いわゆる「2人目不妊」なのです。

 

不妊症の原因は、年齢進行なども大きいが原因不明も多い

不妊の頻度は、およそ13~17%ですが、女性年齢の進行とともに不妊の割合も増加します。

年令別の不妊の頻度は
  • 20代前半では5%以下
  • 20代後半でおよそ9%
  • 30代前半では15%
  • 30代後半で30%
  • 40歳以上では60%以上
となり、女性の年齢が大きな要因となるケースは少なくありません。

不妊の原因別頻度は
  • 男性不妊が32.7%
  • 卵管因子が20.5%
  • 卵巣因子が20.5%
  • 子宮因子が17.6%
  • 免疫因子が5.2%
  • 残りは原因不明
となっています。

不妊になるからには何らかの原因があるだろうと思われがちですが、実は不妊治療を求めてクリニックに受診するカップルの10~30%が原因不明の機能性不妊であり、検査で何らかの異常が見つかるケースよりも多いのです。

 

2人目不妊の原因 … 年齢の他、子育てが原因の間接的な原因も

特に、1人目の妊娠が自然妊娠であった場合、なぜ次がなかなか妊娠できないのか疑問に思われるかもしれません。最初の妊娠と最も条件が異なるのは、女性側の年齢です。2人目以降の方が確実に年齢は上がっているため、その影響が大きく出てしまうと2人目不妊の原因になりえます。また、年齢の影響は女性だけではなく、男性側も多少は出てくるため、双方の要因が重なってなかなか妊娠しないという可能性も考えられます。

また、1人目をまだ授乳中であったり、子育てが一段落していないと、思うようにタイミングが取れないとか、女性側が自分の心身のメンテナンスに「かまける」余裕がなくなっており、それが間接的に不妊につながっているケースもあります。

 

2人目不妊の場合の不妊治療は?

2人目不妊の治療…タイミング法・人工授精・体外受精

2人目不妊の治療は、年齢や環境によってはいきなり人工授精や体外受精からスタート

不妊の治療法は、原発性でも続発性でもあまり変わりません。通常はタイミング法から徐々にステップアップしていきますが、年齢や環境によってはいきなり人工授精や体外受精からスタートすることもあります。年齢にもよりますが、「そろそろ次の妊娠を」と考え始めてから半年たったら、一度は婦人科でステップアップの必要性を相談してみるとよいでしょう。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。