アニス

学名Pimpinella anisum
セリ科
果実を蒸留して採油


独特な甘い香りをするスパイスとして知られる、一年草コモンアニスです。レース状の花が可憐、小さな種子はアニシードを呼ばれます。西洋茴香(セイヨウウイキョウ)、茴芹(ウイキン)などとも呼ばれます。若い葉はサラダとして食用に。種は色づけば茎ごと刈取り、陰干しして乾燥させます。


これはフェンネル

これはフェンネル

果実の外観も香りも同じセリ科のフェンネルに似ています。フランスのパスティスをはじめリキュール、ビールの香りづけや、クッキー、ケーキ、パンなどの材料などに使われます。甘い香りがするため、砂糖を控えてケーキを作る際などに活用できます。

 

アニスとスターアニスは違う

よく混同されるのが星形をしたトウシキミ(シキミ)科のスターアニス。同じ「アニス」という名前がついていますが、別物です。スターアニスは別名が八角。中華料理の食材で活用されるスパイスです。香りは似ていますし含まれる成分も似ています。

アニスオイルの香り

甘ったるく、重たげでいて、ピりっとした香辛料の香りです。スーッとする感じもとれます。残り香には漢方薬などで体感するような、ニッキ、シナモン、丁子などに共通する、薬草ややや焦げたような香りがあります。