インドの炊き込みご飯「鶏肉のビリヤニ」美味しいインド料理レシピ

所要時間:60分以上

カテゴリー:ご飯炊き込みご飯

 

インドの炊き込みご飯「鶏肉のビリヤニ」のレシピ

ビリヤニは、インドやパキスタンなどで食される炊き込みご飯のようなもの。
噛みしめるごとにスパイスの豊かな香りがふわりと鼻腔をぬけ、パラリとした米の食感が食欲をかりたてるなんとも魅力的な料理。インドでビリヤニを注文すると、山盛り状態でドン!と供されるのですが、これがまたするりとオナカにおさまるから不思議です。

ビリヤニの作り方は地域や家庭によって様々ですが、ここでは日本の家庭でも比較的簡単に作れるレシピをご紹介します。好みでスパイスの量や種類を変えてみてくださいね。

ビリヤニが余ったら、冷蔵庫に入れて保存し、翌日に温めて食べるとお米がさらにパラリとして美味しいですよ。私は半熟状の目玉焼きを作ってのせ、黄身を崩しながら食べています。
 

鶏肉のビリヤニの材料(米2合分

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」
2合 (バスマティライスまたはタイ米)
鶏手羽元 6本
ヨーグルト 100g
バター 大さじ1 またはグレープシードオイル
ニンニク 小さじ1 (すりおろし)
生姜 小さじ1 (すりおろし)
クミンパウダー 小さじ1/2
ターメリックパウダー 小さじ1/2
ガラムマサラ 小さじ1/2
チリペッパー 小さじ1/8~1/4
ブラックペッパー 5粒
シナモン 2cm (スティック)
カルダモン 2粒 (手で割っておく)
ローリエ 1枚 (手で半分にちぎる)
小さじ1強
たまねぎ 1個 (みじん切り)
トマト 1個 (1cm角切り)
大さじ3 (サラダ油など)

鶏肉のビリヤニの作り方・手順

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」

1:下ごしらえする

下ごしらえする
鶏手羽元は骨の間に包丁で切れ目を入れる。
ボウルに鶏手羽元、ヨーグルト~塩までの材料を入れ、手でよくもみ込む。20分ほどマリネする。
 

2:炒める

炒める
フライパンに油を入れ、たまねぎが茶色になるまで炒める。

3:トマトと鶏肉を加える

トマトと鶏肉を加える
トマトを入れてトロリとするまで炒め、鶏肉をマリネ液ごと加える。香りがたつまで数分間しっかりと炒める。

4:煮込む

煮込む
水200cc加え、沸騰したら弱火にして20分間蓋をして煮込む。蓋をとり、水分をとばす。

5:水を沸騰させる

水を沸騰させる
鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、海水くらいの塩分濃度になるように塩を加える。米を入れて3分茹で、ザルにあげて水気をしっかりと切る。

6:完成

完成
蓋つきの耐熱鍋に4の半量を均一に入れ、その上に5の半量を均一にのせる。さらに残りの4の半量、5の半量と交互にのせ、最後に水を大さじ3まわしかける。
蓋をし、180℃のオーブンで20分加熱し、15分ほど置いておく。軽くかき混ぜ、皿に盛る。ヨーグルトにきゅうり、トマト、塩などを混ぜ合わせたライタを添え、かけて食べると美味しい。 炊き込む直前に加える水の代わりにひとつまみのサフランを浸しておいたサフラン水をかけて炊き込むとさらに香り高く仕上がります。

ガイドのワンポイントアドバイス

炊き込むときにフライドオニオンとレーズンをごはんの上にのせて炊きこんでも美味。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。