激動の中年期こそ、思わぬ恋愛感情に溺れやすい理由

恋愛に夢中になった中年男性

真面目で冷静だった男性が、なぜか急に「道ならぬ恋」にはまってしまう……。その現象は、心理学的にどのような意味を持つのでしょうか

どんな仕事も冷静にこなし、合理的・論理的に人生を歩んできた中年男性が、ふと目の前に現れた魅力的な女性に心を奪われ、訳も分からず盲目的に恋に落ちていくことがあります。時には「道ならぬ恋」になってしまったり、立場によっては「不倫」などのスキャンダルにつながったり、「年寄りの冷や水」などと揶揄され、それまでの社会的信用を失ってしまうことも……。

このように「なぜあの人が?」と周りを驚かせるような中年男性の恋愛エピソードは、いつの時代でもワイドショーを賑わせ、人々の格好の話題になってきました。しかし、こうした現象を他人事のように感じている人も、いつその体験がリアルなものになるかわかりません。

深層心理学の大家、C.G.ユングは40歳を「人生の正午」と呼び、おおよそ40代頃に、人は若年層の頃に設定した人生目標からのシフトチェンジを迫られ、後半生の生き方を模索するようになると言いました。この時期に、人は思いもよらぬ激しい感情の波に振り回されます。そのため、たとえばそれまで恋愛にはクールだった男性が、ある女性に訳もなく惹かれ、恋愛感情の波に溺れしまうことがあるのです。

では、人間にはたくさんの感情がある中で、中年期の男性はなぜ激しい恋愛感情に振り回されやすくなるのでしょう。C.G.ユングの深層心理学理論の中に「アニマ」という概念があり、その謎を読み解いていくことが、中年期の課題を解決する一つのヒントになるかもしれません。

ユングの提唱する「アニマ」とは……男性の中に潜む女らしさ

私たちは通常、自覚する性に基づいた「男性らしさ」「女性らしさ」を意識しながら生きていることが多いものです。しかし、C.G.ユングは、人間の潜在意識には、自覚する性別と真逆の性別、つまり、男性の中には女らしさ、女性の中には男らしさが潜んでいると説きました。この男性の中に潜む女性性を「アニマ」と呼び、女性の中に潜む男性性を「アニムス」と呼びます。ここでは、男性の中の「アニマ」についてお話します。

多くの男性は普段、自分の中のアニマを意識せずに生活していますが、実はそうした中でも、時折、アニマ的な自分が表出されそうになる瞬間があります。そんなとき、男性はたいてい「メソメソしてはダメだ」「女々しいな、俺は」というようにこうした自分を否定し、男らしくあることをより強く意識しようとするものです。

しかし、人生の転換期である中年期には、こうして抑圧してきた潜在意識下の感情が続々と湧出しやすくなります。そのため、それまで「男らしさ」にこだわってきた人ほど、潜在意識のアニマが急に暴走し、女性的な感情に振り回されることがあると言われています。

その結果として引き起こされる現象の一つに、「中年期の恋」があります。つまり、自分の心に潜むアニマのイメージに符合する女性にめぐり合うと、訳もわからずその女性に惹きつけられ、統合したくなってしまうのです。

段階によって異なる「アニマ」のステージ

では、アニマとは具体的にどのようなものなのでしょう? たとえば、甘やかさや優美さ、神秘性や感情の豊かさ、繊細さ、包み込むような優しさ……こうした女性的なイメージが「アニマ」です。これらは、力強く、論理的で厳格な男らしさとは、対極にあるものと言えます。

こうしたアニマにはいくつかのステージがあり、その人の精神性によって、アニマのイメージが異なると言われています。

アニマ未満のレベルでは、母親的な女性への思慕の念が強く、その上の段階が「近所のおばさん」的な身近で優しい女性に対するの愛着の念だと言われます。その上が恋愛感情にも通じるアニマのステージであり、ユングはこれを4つの段階に分類しました。

anima1

惹かれる女性によって、自分の中のアニマのステージが分かる

第1段階は「生物学的なアニマ」。性欲を満たしてくれそうな肉感的な女性に惹かれます。女性の精神性には関心がなく、若さや体形、セクシーさに惹かれます。たとえば、グラマーなモデルやグラビアアイドルは、この層のアニマのイメージに近いものと思います。

第2段階は「ロマンティックなアニマ」。女性の人格に着目し始め、女性の清らかさや優雅さに憧れを抱きます。アニメやSF映画のヒロインに憧れる感情、といえば分かりやすいでしょうか。たとえば、映画『カリオストロの城』のヒロインであるクラリスや、『スター・ウォーズ』のレイア姫は、この層のアニマのイメージに近いものと思います。

第3段階は「霊的なアニマ」。聖母マリアのように純粋で清らか、同時に母性的な強さや包容力も持ちあわせた深みのある女性性への尊敬です。女優にたとえるなら、吉永小百合さん、晩年のオードリー・ヘプバーンはこの層のアニマのイメージに近いものと思います。

第4段階は「叡知のアニマ」。この段階まで来ると、人間のレベルを超えた神々しい女性性への崇拝になります。モナリザや観音菩薩、弥勒菩薩といった、現実の女性を超越した気高さ、穏やかな中にある力強さ、女性的な神仏に象徴されるイメージに静かに心打たれる心境です。

中年期の恋愛の注意点……恋に溺れるか、統合された自分になるか

多くの男性は若い頃には、自分の男性性を満足させることで自信を得ていこうとするものです。ところが後半生に入ると、それだけでは自分の人生を満たすことができないことを、心の深い部分で感じるようになります。

こうした中、「アニマ」つまり自分の中にある女性性をも満たしていくことに心が向かい、自分自身の男性性と女性性を統合させ、心の全体性の完成を目指す――。これが中年期に行う人生課題の一つなのだと、C.G.ユングは説いています。

しかし、アニマのイメージに符合する現実の女性に惹かれすぎて、その人との恋におぼれ、それまで築いてきた自分の人生を破棄してしまったら、「統合」という人生課題に向き合うどころか、破滅と後悔の道に進んでしまうかしれません。

大切なのは「中年のこの時期に、なぜこの女性に訳もなく惹かれるのか」、そうした自分の感情の意味と向き合ってみることです。アニマをイメージさせる女性とのラブロマンスに溺れるのではなく、その女性に訳もなく惹かれる意味を深く考察していくことです。

こうして自分の中のアニマと向き合い、アニマも自分自身を構成する大切な一部であることを受け入れることによって初めて、男性は人間としての「心の全体性」の実現に向かっていくことができるのです。

女性の「アニムス」に関しては「力と知性に目覚めた女性が「いばらの道」を歩むわけ」をご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。