お歳暮を受け取ったときのマナー

お歳暮は頂く側にもマナーがあります。お礼やお返しはどうするの? 次回からお歳暮を止めてほしい時は? お歳暮を受け取りたくない時の対処法は? お歳暮シーズンを迎える前に、チェックしておきましょう。


お歳暮のお礼

お歳暮のマナー

お歳暮を頂戴したら、どうしたらいいの?

お歳暮を受け取ったら、お礼を伝えるのが礼儀。お歳暮を持参した場合には、その場できちんとお礼を言えますが、送付されてきた場合には、なるべく早く礼状を出しましょう。親しい間柄なら、電話やメールでも構いませんが、目上の方には手書きのお礼状が良いでしょう。まずは電話を入れ、あらためてお礼状を出す方法もあります。

先方はきちんと届いたかどうか、気に入ってもらえたかどうか心配なはず。すぐにでもお礼をして、感想をひとこと添えるようにしたいですね。


お歳暮のお返し

お歳暮のお返しは、基本的に不要です。お歳暮は、お世話になっている方へ感謝の気持ちを表したものなので、返す必要はないからです。

また、本来は目上の方へ贈るものなので、お返しは不要とされました。しかし、近年は同僚や友人など同格の方へ贈る場合もみられます。お礼を伝えるだけでは気が済まない場合には、同等のものを贈っても差支えありません。なお、お歳暮は1度だけではなくある程度続く性質があるので、そのお返しを「お歳暮」として贈るか、「御礼」として贈るかは相手との関係性によります。

日頃、何かを頂いたらお返しすることが多いだけに、お返し不要の原則は意外かもしれません。逆の立場からいえば、お歳暮を贈った相手から、当然お返しが来るだろうと期待するのは筋違いということです。

では、お歳暮を止めてほしいときはどうしたら良いのでしょう? >>>