秋といえば食欲の秋です。この時期、おいしそうな旬の食材がお店で並んでいると、ついつい買ってしまいますよね。食べる量を抑えることができればいいのですが、いざ料理を前にしたらなかなか難しいもの。そこで今回は、秋の食材を楽しみながらダイエットできるハウツーをご紹介します。

秋の食材はおいしそうなものばかり。そんな食材の中にも実はダイエットを助ける栄養素を含んだものが多いのです。そこで今回は秋のダイエットに欠かせない食べ物についてお話します。


キノコは低カロリー

きのこは低カロリー

きのこは低カロリー

キノコはエネルギーが低いため、カロリーを気にせずに食べられるという利点があります。さらに食物繊維が豊富なため、腸の働きを活発にし、お通じを改善させます。またキノコを食べると自然と噛む回数が増えるので、満腹の信号が脳に送られやすくなり、食べすぎを抑えてるという効果も。

他にはダイエットの際に不足しがちな、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、美肌や代謝をアップさせるのに役立つビタミンB2なども多く含まれているのです。キノコは炊き込みご飯やスープ、炒め物など、どんな食材にも使えるというのも素晴らしい点のひとつでしょう。

脂肪燃焼を助ける鮭

脂肪燃焼には鮭を

脂肪燃焼には鮭を

鮭に含まれるビタミンB郡は脂肪燃焼を助けてくれるのでダイエットに最適です。さらにタウリンが肝臓を強くするだけでなく、コレステロールの代謝を促進させてくれます。

そして鮭といったら忘れてはならないのが、皮に含まれている豊富な栄養素。皮は残してしまうという人もいるかもしれませんが、お肌を美しくするコラーゲンだけでなく、カルシウムや皮膚や粘膜の再生を助けるビタミンB2が含まれているので、鮭の身と合わせてたべれば、より多くの効果が得られます。

肥満を予防する白菜

白菜を取り入れて

白菜を取り入れて

脂肪の細胞分化を阻止する「α-リノレン酸」を、野菜の中でも特に多く含んでいる白菜は肥満を予防してくれます。またカロリーが低くヘルシーなのでダイエットには最適な食材なのです。

他にも高血圧を抑えてくれるカリウム、風邪の予防にも効果的なビタミンC、便秘を改善する食物繊維など栄養が豊富。これからの時期は温かいスープやお鍋などと一緒にいただくとよいでしょう。

中性脂肪を減らすサンマ

秋刀魚はダイエットに

秋刀魚はダイエットに

秋といえばサンマを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。サンマに含まれるDHAやEPAは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるといわれています。

またDHAは脳細胞を発達させ痴呆症を防止。EPAは血液をサラサラにして、粘り気をなくすことで動脈硬化の予防に繋がります。

これからの時期、気温が下がり外出時に肌を見せる機会が減ると、油断して体に脂肪がついてしまったなんてことも考えられます。そうならないためにも、これらの食材のポイントを意識しながら、食欲の秋を楽しみましょう!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。