北欧の冬が楽しめるオスロのクリスマスマーケット

ノルウェーのニッセ

民族博物館のクリスマスマーケットでは本物のニッセがこどもたちとパレード&ダンスを披露 Photo: Asaki Abumi

グロッグ

北欧の冬酒グロッグにはアーモンドやレーズンをお好みでトッピング。ジンジャーブレッドクッキーとの相性抜群 Photo: Asaki Abumi

12月の海外旅行の楽しみといえば、各地で開催されるクリスマスマーケット。ノルウェー語ではクリスマスマーケットは「ユーレ・マルケッド」(Julemarked)といいます。雪降る夜には美しく輝くイルミネーションを楽しみ、屋台では可愛く素敵なクリスマスグッズをお土産として購入することができます。ノルウェーらしいクリスマス雑貨といえば、北欧のサンタクロースともいわれる妖精「ニッセ」の置き物、ノルディック柄の編み物などがおすすめです。

おいしいクリスマス料理は冷えた身体をあたためてくれることでしょう。北欧のホットワイン「グロッグ」はもちろん、ヘラジカのハンバーガー、焼きアーモンドなどもこの時期にぜひトライしたい食べ物。ぐるりと回ってみるだけでも楽しいのがクリスマスマーケットです。12月にオスロ観光をする予定があれば、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。屋台によって支払い方法は異なるので、現金とクレジットカードの両方を用意しておくとよいでしょう。

アクセス簡単! オスロ中心地のクリスマスマーケット

オスロ中心地のクリスマスマーケット

オスロ中心地で開催されているクリスマスマーケットは多くの人々で賑わう Photo: Asaki Abumi

ヘラジカバーガー

おいしいヘラジカバーガーの屋台は「Elgburger」の標識が目印 Photo:Asaki Abumi

11月後半から約一か月と長期にわたって開催され、旅行者が最も簡単にアクセスできるのが、中心地にある歩道スピーケルシュッパで開催されているクリスマスマーケット。王宮、オスロ市庁舎などの観光途中に立ち寄ることができます。屋外の通りには小さな屋台がずらりと並び、運がいいと本物のニッセと記念撮影できることも。毎年大きなテントが設置され、中ではスカンジナビア諸島の北部に住む先住民族サーミ人の民芸品、ニッセをはじめとするクリスマスのグッズを購入することができます。

<DATA>
Oslo Julemarked(オスロ・クリスマスマーケット)
2014年度開催時期:11月20日~12月21日 毎日11:00~20:00
料金:無料
住所:Spikersuppa(カール・ヨハン通り沿いの歩道)
エリア:オスロ中心地

おすすめ! 民族博物館のクリスマスマーケット

民族博物館のクリスマスマーケット

民族博物館のクリスマスマーケットは1日中いても飽きることがない Photo:Asaki Abumi

クリスマス屋台

クリスマス限定の雑貨や食べ物が変える屋台が大集合 Photo:Asaki Abumi

本格的なノルウェーのクリスマスを体験することができる、最もおすすめのクリスマスマーケットが、人気の観光スポットである民族博物館が主催するフェア。毎年12月の第1・2週の週末、4日間のみの開催で、入場料がかかりますが、時間とお金をかけてわざわざ行く価値のある大規模なイベントです。約100以上の屋台が民族博物館の敷地内に並び、ニッセやこども達による行進やパレードを見ることができます。毎年約2万5千人の来場者が訪れる大人気イベントなので、チケット購入のために早めの時間帯に行くことをおすすめします。

<DATA>
Julemarked(クリスマスマーケット)
2014年度開催時期:12月6・7・13・14日 11:00~16:00
料金:大人110ノルウェークローネ
住所:Museumsveien 10, Oslo
エリア:ビグドイ地区
電話:+47 22 12 37 00

おしゃれ! 北欧雑貨のクリスマスマーケット

北欧雑貨クリスマスマーケット

ノルウェー出身のデザイナーたちが主催する、北欧雑貨好きには楽しくてたまらないクリスマスマーケット Photo: Asaki Abumi

北欧雑貨クリスマスマーケット

冬やクリスマスがテーマの可愛い小物たち Photo: Asaki Abumi

北欧雑貨や北欧デザインが好きな人におすすめなのが、ノルウェーデザイン建築センターDogA(ドガ)で12月の週末、2日間限定で開催されているクリスマスマーケット。通常のクリスマスイベントとは多少異なり、ニッセやトナカイ、雪などのクリスマス定番のデザインだけではなく、プレゼントに喜ばれそうな通常の雑貨も販売されます。デザイナーさんたちが自らブースで接客しながら、おすすめの商品を販売。ポストカード、陶器やガラス、編み物、ファッション、文房具など、可愛くて素敵なデザイン雑貨が目白押しとなります。

<DATA>
Designernes eget Julemarked 2014(デザイナーたちのクリスマスマーケット)
2014年度開催時期:12月6・7日
料金:無料
住所:Hausmanns gate 16, 0182 Oslo
エリア:グリーネルロッカ地区
DogA電話:+47 23 29 28 70

散策中に寄り道したい、小さなクリスマス雑貨市

北欧雑貨クリスマスマーケット

北欧雑貨を中心とした小規模なクリスマスマーケット、近くを観光していたら寄り道してみたい Photo: Asaki Abumi

北欧雑貨好きで、グリーネルロッカ地区の散策中に立ち寄ってみたいのが、ブロー・クリスマスマーケット。ここではデザイナーによる小さな雑貨マーケットが通年で日曜日に開催されており、12月はクリスマスをテーマとしたブースが中心となります。手作り感あふれる作品が多く、ほのぼのとした地元ならではの冬の雰囲気を楽しむことができるでしょう。11月後半から約一か月間、週末に開催されています。

<DATA>
Julemarked på Blå(ブロー・クリスマスマーケット)
2014年度開催時期:11月29日~12月21日 毎週土・日曜12:00~17:00
料金:無料
住所:Brenneriveien 9, 0182 Oslo
エリア:グリーネルロッカ地区

関連記事
「北欧の冬酒をクリスマス限定のノルウェー土産に」
「北欧ノルウェーのサンタクロースの町へ!」

※データは2014年調査時点のものとなり、予告なく変更されることもあります。2015年以降もほぼ同時期頃にクリスマスマーケットは開催される予定です。

※1ノルウェークローネは2014年11月現在、約16.6円。おおむね17円前後で推移。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。