小麦胚芽油の原料植物について

国産は少なく小麦胚芽も外国産のものが主流です

国産は少なく小麦胚芽も外国産のものが主流です


小麦学名 Triticum vulgare
科名 イネ科
胚芽を圧搾して採取
※英語のwheat germ(ウィートジャム)と呼ばれることも多い

 

小麦は西アジア原産といわれます。私たちにとって大変身近で、パン、うどん、パスタ…食卓に小麦が乗らない日はありませんね。小麦は人類最初の作物ともいわれます。北米、カナダ、フランス、ドイツ、ロシア、中国、インド、オーストラリアなどが主な生産国です。

小麦の粒は、外皮、胚乳、胚芽の3つの部分から構成されています。粒の約8割を占める胚乳部のみを粉にしたものが白い小麦粉で、全体の2~3%しかない胚芽は取り除かれています。胚芽部も粉にしたものが全粒粉です。

胚芽部には発芽のための大切な物質が蓄えられていますが、そのひとつが脂肪分です。小麦胚芽の約10%が脂肪分で、その半分以上が不飽和脂肪酸です。

種類としてはリノール酸、オレイン酸、リノレン酸で、中でもリノール酸やリノレン酸は必須脂肪酸なので、体では合成できない重要な脂肪酸です。

小麦胚芽油は微量のミネラルのほかビタミン類(ビタミンA、B1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6など)を含みます。何より多いのはビタミンEです。



小麦胚芽油といえばビタミンE

サプリメントも人気の小麦胚芽油

サプリメントも人気の小麦胚芽油

他のキャリアオイルのおよそ10倍の量のビタミンEが含まれています。ビタミンEは脂溶性ビタミンで以下のような効果が望めます。

  • 抗酸化作用
  • 血液循環を良くする
  • 新陳代謝を活発にする
  • 肌の乾燥を軽減する

これらの作用から、いろいろな効果を期待してアロマテラピーでは小麦胚芽油を使います。また健康食品などではカプセルに入った小麦胚芽油がビタミンEのサプリメントとして売られていて、健康のサポートとして活用されています。