バレエの髪型、大人はどうすれば?

バレエの髪型、大人はどうすれば?

子どもの場合、バレエを始めたらお団子頭にしなければならないので、髪の毛を切ることは出来ませんね。切るにしてもせいぜいセミロングまででしょうか。大人のみなさんの髪の長さはまちまちですね。髪の毛を束ねられる長さとそうでない長さとで、髪の毛のまとめ方をご紹介します。
   

大人のバレエの髪型1:束ねられる長さのヘアースタイル

小さな子どもがお団子頭にしてバレエのレッスンに通う姿をご覧になったことがあるかと思います。バレエのレッスンでまとまりの良い髪の毛のスタイルを考えてみましょう。

小さな子どもがお団子頭にしてバレエのレッスンに通う姿をご覧になったことがあるかと思います。バレエのレッスンでまとまりの良い髪の毛のスタイルを考えてみましょう。

王道はやはりポニーテールですね。ポニーテールにした髪の毛をくるくるまとめて、バンスクリップ (ワニの口のようなクリップ) で挟みます。挟むときに、ポニーテールのゴム下の髪の毛根元近くまで挟むととても安定します。少しのターンステップの最中でもびくともしませんよ。

クラシックレッスンの前にストレッチクラスがあれば、仰向けなることがあるので、ポニーテールは合いませんね。どちらかの耳下でざっくりとゴムで束ねるのがおすすめです。ストレッチが終われば、ざっくりとポニーテールにして、バンスクリップでまとめましょう。

ゴムを使いたくない方もいらっしゃるかも知れませんね。この場合は、やはりバンスクリップでまとめてみてください。髪の毛根元を引っ張るように挟み込めば、だいぶ安定してくれますよ。

あと、お洒落なのは、かんざしです。ポニーテールにまとめた髪をくるくるまとめ、ゴムの下を通るようにかんざしを挿します。1本だけでなく、Uピンのように何本か挿すと安定しますよ。
 

大人のバレエの髪型2:束ねられない長さのヘアースタイル

少し長めのショートヘアの場合、結構踊っている最中にじゃまになりますね。ターンしているときなど、目の中に髪の毛が入りそうです。ターバンのようなヘアーバンドをかぶってしまうのが1番楽ですが、ファッショナブルにかぶるのは難しそうですね。

そこでおすすめなのは、パッチンピンです。オーソドックスに黒のパッチンピンで前髪などをまとめてみましょう。沢山のピンでお洒落に留めている人もいますね。少し遊び心を入れて留めてみましょう。

慣れてきたら、色付きのパッチンピンで思いっきり遊んでみてください!
 

大人のバレエの髪型3:お団子

舞台などではプロのダンサーもお団子にまとめます。ポニーテールの位置は後頭部の上の辺り。この部分をゴムで引っ張ると、実は首がまっすぐに保たれるのです。

お団子は引き上げにとても有効なのです。子供っぽいとか、作るのが難しいということもあるかと思いますが、お団子はやはりバレエを踊る上で手助けとなることがあるのです。

特に発表会を控えている方などは、お団子の練習も兼ねて、頻繁にお団子頭にしてみてください。いつもとは違った引き上げが体験できると思います。

ご自身の好み、レッスンの種類に合わせて色々なヘアースタイルを試してみてください。レッスンを違った側面から楽しめると思います。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。